ほくほく備忘録

だて巻き殿下なあの人がすき

もうすぐジャニーズ楽曲大賞2017がはじまるね!

この数日でいろんなこと起こりすぎててんやわんやしてます。どうもわたしです!あけましておめでとうございます!(破壊的に遅い)

さて、今日からジャニーズ楽曲大賞プレ発表とのことなのでわたしの回答をメモ程度に載せておきます〜〜。原文ママです。

【楽曲部門】
1位 背中越しのチャンス/亀と山P
ジャニオタのみならず全国民を震撼させた二人の新曲はカワイイがぎゅっと詰まったハッピーソング。みんなで真似しやすい振り付けもポイント。スキの二文字じゃ足りない、ダイスキな曲です!

2位 COLORS/V6
世界がカラフルでキラキラして見える曲。綺麗な景色を想像しながら聴きたい。朝の日の出!ダイアモンド富士!沖縄の海!青い空!が!!!!!見える!!!!!!

3位 今/関ジャニ∞
まるでディ◯ニーランドのようなハッピーソング。とにかく曲が好き!!!他G担なので今まで関ジャニ∞の曲はあまり聴いてこなかったけど、この曲を聴いて他のも聴いてみようと思いました。歌う方も聴く方も笑顔になれる。

4位 レッツゴー6匹/V6
井ノ原さんプロデュース・レキシさん作詞作曲の、V6とそのファンのための一曲。彼らが歩んできた21年がぎゅっと詰まってる!プロデュースした井ノ原さんも、曲をつくってくれたレキシさんもファンの気持ちを汲み取る天才。

5位 ぎゅっと/SexyZone
心があったまる曲。何か辛いことがあった時に染みるよ〜〜人として忘れちゃいけないことを思い出させてくれるね〜〜何度も助けられたよ〜〜〜〜ありがとねセクゾちゃん〜〜ヨシヨシ〜〜〜〜〜〜

【未音源化部門】
1位 ‪Amazing!!!!!!‬
曲、歌詞、振り付け、衣装、全てにSixTONESの個性という個性が詰め込まれたまるで宝石箱のような歌。絶対に損はさせないので、まずは騙されたと思って1回聴いてみてください。きっと‪Amazing!!!!!!‬なしでは生きていけない身体になることでしょう。

2位 JAPONICA STYLE
セルフプロデュースの鬼ことSixTONESさんの最新作。顔と声とスタイルと顔と顔が良い6人が、彼ら自身がデザインした和風な衣装で扇子を持って歌います。新春隠し芸大会で優勝できそうなほどの扇子裁きにも注目してください!!!!!!

3位 BRAVE SOUL
ブレイブッ!!ソウッ!!!コンサートでひとたび流れればおたくが揃って拳をあげる激アツソング。進まない仕事や課題をする時、急いで自転車を漕いでいる時、寒くて布団から出られない時、そんな時に口ずさめば必ず己の魂に火がつく!

【現場部門】
東西SHOW合戦
歌ありコントありバスケありフラッグあり…コンサートとも舞台とも違う新しいステージに魅了されまくりでした。10人の絆を強く感じた最高のステージ!個人的にはりゅちぇきょもほくの猫中毒をもう一度観られないと成仏できません。またやって。

【MV部門】
中越しのチャンス
青春アミーゴのカラオケ画面が写ってるのがエモエモ案件でした。あと顔が最高。亀と山P、顔が最高。じゃにおた以外の友人をも唸らせるその美貌に乾杯。

以上でした!おたくのおたくによるおたくのための祭典たのしみだな〜〜!!!ではまた!!!

SixTONES湾岸に行きましたかんそうぶん【12月9日夜公演】

卒論提出日の次の日だったSixTONES湾岸。当たったことが奇跡でご褒美でしかなかった湾岸。最高で最高な経験をしたのでメッチャ久しぶりに文章にします。卒論書いたばかりとは到底思えない語彙力のなさがまるで小学生の作文なんですけど、ザックリと感想いきます!

1.SHOW&SHOW/SixTONES
ジェシーが「‪Amazing,crazy...We are SixTONES!」みたいなこと言って幕が上がる。
‪Amazing!!!!!!‬のお衣装。なんかもう、MCで北斗くんがおっしゃったように身体的距離が相当近くてびっくりして嬉しくて泣いた。きょもほく0cm背中合わせがまた見られて嬉しかったよ〜〜きょもほくフォーエバー〜〜。あとこの曲に限らないんだけど湾岸中随所で北斗くん自ら北斗担一人一人に丁寧に手振っててもう無理でした!!!手振る時なんであんな優しく笑うの?!完全にワンコの笑顔だった…濡れ髪のワンコ……🐶

2.ROCK THE TOWN/SexyZone
この曲やってくれるなんて聞いてないよ?!?!?!すとちゃんがやるとギラギラのオラオラのパリピソングみが増し増しでした。この辺は口開けて固まってた。ただただかっこよすぎた…。フリも確かそのままだったよね?!

3.‪Amazing!!!!!!‬/SixTONES
イントロかかっただけで\ギャー/なおたく。
やっぱ‪Amazing!!!!!!‬だと6人の顔つきがなんかこう変わる感じがして。今回の‪Amazing!!!!!!‬な北斗さんは腹チラ舌ペロの最高に18禁なアメーィズィーンでした。あんな近くで拝めるの贅沢…
久々にフルの‪Amazing!!!!!!‬聞けたの嬉しかった〜〜優吾さんの愛が欲しけりゃ任せろLOVEがかわいいとかっこいいの洪水だった…。
あとこれは今後何度もお見受けするのですが、北斗くんが自分の歌割りじゃないとこも軽く歌ってたりするのがほんっとかっこよくて。blackが魅せれば弾けるgreenって口が動いてるの見て湧きました。最高。

4.SIX SENSE/SixTONES
ハイ来たーー!!!めっちゃ大好きな曲ー!!
ワーンターイム手挙げろ!な北斗くんちょっと微笑んでてしんどかった。この辺ではもうみんな汗びっしょりで、汗まで見えるなんてこと滅多にないので汗をガン見してきました。(汗でさらに)濡れ髪な北斗くん、たまに髪をかきあげるんだけどそれがたまらなくたまらなかった。たまらん。

5.運命Girl/Kis-My-Ft2
みんなも一緒にー!って脇の道で3:3に。樹ちゃんが近くに来たので見たらお顔と後頭部が天才だった….。樹ちゃんは樹担以外もまんべんなく見てくれてほんと天使だったけど、樹担に向けた爆モテのファンサを目撃してしまったのでここに記しておきます。私の左(樹ちゃんの方を向いた時には後ろ)に樹担の子が居たのですが、運命Girlで近くに来た時にはほとんどその子のこと見てなかったんです。その子はすごくアピールしてるし絶対わかってるはずだよなぁ…って思ってたら、サビ終わりの「俺が好きでしょ?」のとこでその子に向かって指クイしているのを目撃しました。ちょっと後ろを確認したらその子腰砕けてました(笑) 私もファンサのおこぼれで爆死。さすが田中爆モテファンサキング樹……。ちなみに北斗くんの「俺が好きでしょ?」は完全に女の子でちょぉキャワでした!!!!

6.いいね!/Kis-My-Ft2
ほんっとSixTONESちゃんのカワイイの詰め合わせだったカワイイ……。これまで爆イケギラギラソング続きだったのでこの可愛さは反則!反則!!!ほくとくん(5)、お顔くにゃくにゃに笑ってて完全に幼児だった。いいね👍って6人横並びでするフリがとっても可愛くて、この曲知らなかったのだけど絶対iPodに入れる…好きすぎ…。あと大我ちゃんソロパートで後ろの段に座って「いいね〜〜いいね〜〜☺️」ってにこにこ横揺れで歌うのかわいすぎ!スト5も爆笑してた。さいこうのかわいさ。

7.code/錦戸亮 (大我ソロ)
たいがちゃんー!!!マイクに合わせて体傾けながら話す大我ちゃん可愛かったです!!
樹ちゃん「きょも椅子ここに置いておくね!」
大我ちゃん「椅子を持ってきてくれたのは田中樹くんです。」
樹ちゃん「ジャニーズJr.の田中樹です!!!」
大我ちゃん「じゃあはけてもらって。消えてもらって。」
樹ちゃん「消えてもらって?!」
(以上すべてニュアンス)
みたいなかけ合いが良いきょもじゅりでした。
ギター片手に私服のような衣装で歌う大我ちゃん、進行はゆるいのだけど歌は最高に完成されててさすが天使の歌声の持ち主だと思いました。手元だけじゃなくてちゃんとオンナたちを見ながら歌う大我ちゃん。最高。弾き語り最高。ジャニーズのみんなはギターが似合わないっていう自論がある(笑)のですが、大我ちゃんはギター似合う!!!よい!!!また見せてね。終わったあと「次は松村北斗くん!」って言うのきょもほく厨には胸熱でした。

8.MARIA/藤ヶ谷太輔 (北斗ソロ)
もはや記憶がない。溢れ出る色気はどこからくるんだろうね?!北斗くんって上品なのに、というか上品さ故にすごい色気だよね(突然) もともと濡れ髪で、汗でさらに濡れ髪で、それで黒いジャケットのような衣装(記憶しっかりして)でMARIA歌う北斗くんは本当にヤバカッタ…うまく言葉にできない…語彙力ホシィ…。あとトビウオ兄さんは健在でした。ステージの奥の方からすっごい跳躍力で前に出てきました。したたる汗が18禁すぎたのは覚えてます、あとは記憶が飛びました………

9.Gyo-za/田中樹 (樹ソロ)
MCよりギョーザと表記させていただきました(笑) 樹ちゃんがリリックを書いたとされるオリジナルラップです。階段に足かけて、またいで、最終的にバクステに着地する樹ちゃんの治安の悪さが最強。歌詞に合わせてみんなで手を上下にbouncebounce!するの楽しかった。

10.虹/二宮和也 (優吾ソロ)
こ〜れ〜が〜〜さぁ!!!!!これがさぁ!!!!!!優吾さんリア恋が加速する!!!しんどいを極めてました。公演後「優吾ちゃんの虹やばくなかった?!」って何度も一緒に入った母親に言いました。ヤバイ。優吾さんの優しくてあったかくて包み込んでくれるような声で!!!虹!!!!!ハーしんどい。ステージ上段の上の方で歌ってたのもよかった。スポットライトに照らされた姿がマジで王子様だった。なんかいつの間にか髙地さんと苗字を重ねた気分になりました…あのオーラは優吾さんにしか出せない……サイコウ…

11.FORM/北山宏光 (慎太郎ソロ)
しんたろちゃんの歌声大好き芸人なので久々のソロ曲すーっごい嬉しかったです。しんたろちゃんのしなやかな動きが一番映えるようなフリでした。指先まで本当にキレイだよねぇ感動…。バックのきょもじゅりちゃんも素敵でした。これはジャニーズとは全く関係のない余談ですが、このバックのきょもじゅりちゃんが最近入った夢の国系の現場での推しの姿とまんま一緒でびっくりしました。衣装もあんな感じだったし、フリもあんな感じで揺れてました。奇跡の一致。

12.縁を結いて/堂本剛 (ジェシーソロ)
これを歌えるジャニーズは剛くんの他にジェシーしかいません……。私はSixTONESの前にV6しか通ってきてないので他Gの曲は初めて聞くことが結構多いのですが、この曲はなんだか印象的ですっごく覚えてて。ジャニーズで剛くんしか歌えない曲だなぁってその時思ってたんです。でもジェシーちゃんの声で聞いた時、あの曲…!曲が生きてる!って本当に思った。ジェシーって本当すごいなって身に染みて感じました……。剛くんのことを心からリスペクトして、この曲を大切に大切にしているんだなぁって声からたくさん伝わってきました。

13.AFFECTION/KAT-TUN
ジャポニカ衣装でみんな登場。北斗くん丸眼鏡をかけてらっしゃった…。丸眼鏡がキラキラ反射して、その奥に見える北斗くんのお目目が最高に綺麗だった…。落ち着いていて且つ色気漂う選曲がSixTONESにぴったりでずるい!というか京ジェはもちろんスト4もみんな歌声が美しすぎて!!!バラードも様になる良いグループだなぁとしみじみしました。

14.JAPONICA STYLE/SixTONES
腰が砕け、膝から崩れ落ちました。あーもうジャポニカ!!!ジャポニカ!!!!(語彙喪失)
イントロかかっただけで鳥肌が立ったし、彼らの所作とか扇子裁きが美しすぎて。目の前でパッ!パッ!っと扇子が舞うのがもう最高でした。語彙はお台場に置いてきたのであの美しさをどう表現すれば良いのかわからんちんなのですが、ジャポニカ中倒れそうになったポイントをいくつか記しておきます。まずは最初の北斗くんソロかなぁ〜…「何が起こるかはわからないなんてさ」で笑うのね!北斗くん微笑むのよ!!!少クラでもそうだったけど、あの微笑みを目の当たりにしたらクラクラしました。もちろんサビの腰振りでも卒倒。なんか言葉にするとすごく変態みが増すのだけど、腰振りにも6人それぞれ個性があって良い!!!あとは北斗くんの大技・扇子4枚投げの準備のところをまじまじ見るのが少年たちの時から大好きなのですが、今回は特に近かったので指で丁寧に扇子を整えているところを拝見できました…。すっごい繊細に微調整をするけど、慎ちゃんの「未来変わるかも」の時点ではもう微動だにしなくなって、フッと一気に持ち上げるのがかっこいい!!!綺麗に4枚を顔の横に広げて、最高のお顔で「ひらひら散る花眩しいじゃん」と歌い上げて一気に投げるのがなんかもう…!しっかりとみんなキャッチして(大我ちゃんはやっぱり真剣に両手キャッチ(可愛い))ばらけていくのがかっこいいの極み…。ほくじぇの投げ合いも華麗で素敵だった…。あと「追いかけて行くいつまでも」のとこで縦に並んで1人ずつ扇子を投げて行くところ、北斗くんが前の樹ちゃんと目で会話してタイミング合わせてるのが胸熱だった。美しすぎるパフォーマンスはきめ細かい調整とか合図とかで構成されているんだなって改めて感じました。そしてそして、布がなくなったために構成が変更されて出現したきょもしん・ほくじゅり・ゆごじぇの腰振り….…。「もうちょっとできるべ!」ってなってほくじゅり2人がシャワールームの脱衣場で練習した腰振り….…。(「上は着てるよ!勘違いされそう」by北斗くん) 距離近くて伏し目がちなのがさらにやばくてやばい!!!R指定!!!R指定!!!(倒) とにかくジャポニカは体に毒でした。辛い、しんどい、もっと見たい……(シャブ)

15.BE CRAZY/SixTONES
この流れやばくない?ジャポニカからのビークレやばくない???冷静でいられるわけがなく記憶が曖昧。ジャポニカ衣装でのビークレはなんだか新鮮で(あの赤い衣装じゃない!ってなった)すっごくよかった!肩組んで一列でやるやつ(語彙)本当に好きなのだけど、間近で見られて大歓喜……。お衣装が違うからかいつものようにバキバキ踊ると言うよりしなやかで上品に踊っている感じがしてこれまたよかった。時刻むところがざっくり一列のようになって、前にいる北斗くんは中腰できょもちゃんだけ立ってスポットライトが当たっているその光景がすっごく綺麗だった。あと、北斗くん銃撃戦の時「バーン、バーン、バーン」って口動かすのすっごい好き。

〜MC〜
すとんずちゃん今までさんざんオラオラギラギラしたり美しさを見せつけたりとにかく強い感じだったのにMCになるとみんな芸人になるのなんで?!?!(笑) お腹抱えて笑った…。みんな自由に話しすぎてまとまらなそうなところを捌ききる田中樹天才だと思ったしもう本当とにかく自由の一言に尽きる(笑) 全て書きたいくらいだけど1分の間にネタがありすぎて書いたらキリがないので特に爆笑したところだけ箇条書きでサラッといきます。正確さや順番はちょっとアレなのでそこはすいません!!!!

・髙地の前髪ナイキ事件
樹ちゃん「髙地こっち向いて!前髪ナイキみたいになってるよ」
優吾ちゃん「スポンサーなんでね」
北斗くん「ナイキが宣材写真に使うかもしれないから一回正面向いて」
優吾ちゃん前向いてピース✌️「ナイキのCM待ってます」

・樹ちゃんのオリ曲「Gyo-za」話①
樹ちゃん「みんな俺のソロが何の曲か分かってないと思うから言うけど、土日の遊び場用に作った曲です。ラップも全部自分で作って。」
ゆごジェ「ゲロッパ〜〜!ゲロッパ〜〜!」(樹ちゃんオリ曲の真似)(手を上下に動かしながら)
優吾ちゃん「あれなんて言ってんの?」
樹ちゃん「bounce bounce bounce

・樹ちゃんのオリ曲「Gyo-za」話②
樹ちゃん「曲名がまだないから…ギョーザとかいいかも!!」
ゆごジェ「ギョーザ!ギョーザ!」(替え歌スタート)
北斗くん「王将からCMくるよ!!!田中 スペース 餃子 みたいな??でも英語ならかっこいいかも!Gyo-za!!!!」
そのあと慎ちゃんにオフマイクで「ja?」と聞かれ、「za」だよと教える北斗くん。ニコニコオフマイク談義可愛い。

・怖い話あいうえお作文
ジェシーによるお題「ペンライトだ」
北斗くん「ペタッ ペタッと不思議な足音がした。」
慎ちゃん「んー??ちょっと待てよ??」
大我ちゃん「らくだの支配者か?!」
ジェシー「インゲンが食べたくなって来た」
優吾ちゃん「トイレの花子さんに相談したんですよ」
オンナ\おお〜〜/(ファインプレーに歓声)
樹ちゃん「大丈夫だよ〜〜」
スト&オンナ大爆笑。
京ジェのキラーパストイレの花子さんに繋げてうまくかわした優吾ちゃんに対して、北斗くん「てかおかしくねぇ?!俺、髙地の花子さんに相談したとこで\おお〜〜/がわかんねぇ!それが一番怖い!トイレの花子さん知り合いなの?」
慎ちゃん「みんなの中でトイレの花子さんが怖いんでしょ?だから\おお〜〜/って言ったんだよ。ほら!」そしてオンナたちが頷く。
それを見た北斗くん「はいはいそうですか!!!バカみたいな、小学生みたいなやつばっかなんですね!!!!」(床にタオル投げつけるww)

・からの北斗くんいじり→きょもほく
慎ちゃん「あ〜あ。タオル拾って。水も持って。」素直に従う北斗くん。
慎ちゃん「両手あげて〜!」
ジェシー「インゲン!!!」?!?!ww
慎ちゃん「ちょっと前まで北斗のことこんなにいじれなかったから嬉しい」
大我ちゃん「俺はまだいじれないな」(小声)
すかさず「ジェシー!」といいながら位置をズレてきょもほくだけの空間を作り出す慎ちゃん。
大我ちゃん「水を持ってください。」
照れて一瞬ためらうも素直に従う北斗くん。
大我ちゃん「マイクをさげてください。あげてください。」
大我ちゃん「いいね👍✨」
優吾ちゃん「帰りの車が心配だ!!!」


あとMC中北斗くんが目の前だったので隅から隅まで観察させていただいたのですが、まず結構長い間ジャポニカ衣装のジャケットの肩を落として着ていて、白くってツヤツヤなお肩を眺めることができました…。基本的には女性的な美しい肩だけど、腕をクッとあげた時(\インゲン!/の時とか)青い血管が見えて急にたくましくなるからダメ…。筋肉が見えるか見えないかくらいのとこで落として着てたのもあざとい!!!ジャポニカお衣装も隅から隅まで観察したけど、踊ってる時に落ちないように靴や肩のところに黒いゴムがついてたのが印象的だった。普段ここまで見える場所にいないからなぁ…。あと中のタンクトップ、シースルーなのね!!!北斗くんが笑うたびにひきしまったお腹が動いて汗でピタって張り付いて肌色がチラチラするのがほんとダメでした。18禁🙅‍♂️

16.この星のHIKARI ジャズver.
クリスマスが近いからクリスマスメドレー!との事で最初の曲はこの星。ジャズver.とても好きなので嬉しかった〜!シャレオツ〜〜。あんだけMCで暴れまくった芸人さんたちが一気にアイドルに戻る瞬間がすごい。SixTONES6人の優しい笑顔が世界平和でしかない。

17.真冬のナガレボシ/NEWS
記憶が曖昧だけど確か外周。北斗担一人一人丁寧に手を振ってる北斗くんがとっても印象的。SixTONESちゃんの優しい声にピッタリな曲。クリスマスメドレーは北斗くんソロでの歌割りも多くて、今回は北斗くんの歌声まで堪能できる最強のコンサートでした。北斗くんの声って冬にピッタリよね!優しい。

18.雪が降ってきた/SMAP
SixTONES×夏はパリピみがあって好きだけど、冬も優しくてあったかくて切ない歌が似合って良いよね…結局春夏秋冬いつでもすとちゃんが好きなわけですが。この曲、もとよりもすこしだけ明るくてあったかい印象で歌ってたのが素敵でした!

19.シンデレラ・クリスマスKinKi Kids
歌い始め。バクステにて。
大我ちゃん「僕のシンデレラは誰かなー?!」
慎ちゃん&オンナ\\はーい!!!🙋//
大我ちゃん「誰かな?!?!」
慎ちゃん&オンナ\\はーい!!!🙋//
大我ちゃん「僕たちのシンデレラを見つけてほシンデレラ!」
慎ちゃん「僕たちのシンデレラを見つけてあげるんデレラ!」爆笑するスト4。ひたすらにかわいい。

20.黒ーンズ/黒ーンズ
また見られると思ってなかった黒ーンズ!!!見られてよかった〜〜!!!!!田中黒の登場にひたすらに湧きました。田中黒ちゃんトナカイの格好めちゃめちゃ似合ってた。鼻がとれやすくてずっと気にしてたの笑ったww
敵であるSixTONESを倒すため、土日の遊び場を乗っ取ってやろうと意気込んでた田中黒くん。でも自由すぎる黒ーンズのメンバーに振り回されてばかり。「あいつら自由にしゃべりすぎてて周りの声が聞こえないから大声で呼んで」と田中黒くんにお願いされたので\\黒ーンズ!!//と呼ぶもなかなか出てこない。裏でドタドタ音がするwww
やっと出てきた黒ーンズのみんなはサンタさんの格好!♪部分の上にちょこんとちっちゃいサンタ帽が乗ってて可愛かった!それぞれ自己紹介をした後、例の曲を歌うことに。仕切る田中黒くんにみんな「あいつうるさいな!」ほくろくん「トナカイのくせに!」「ソリ引けよ!」と口々に言いながらソリを取りに行くwwそしてソリを持って!黒ーンズ!
黒ーンズ自由すぎてただひたすらにかわいかった…最初は横一列に並んでソリに乗ってユラユラしてたんだけど、ほくろくん疾走感を出そうと頑張ってたww
その後、ほくろくんずっとソリを滑らせてそれに乗っかって進むってやつを繰り返してたし、ジャスティンビーバーはずっとソリを扇子に見立ててジャポニカスタイルしてたし(「追いかけて行くいつまでも」のフリでそのまま一回はけたww)、黒髙地とジェブラはおんなじ動きでパントマイム的なのしてるし、ナイトメア京本は後ろの段に座ってソリをドラムにしてたww 自由ww 悪口ラップの時のほくろくん、すっごい照れながらにこにこしててかわいかった!ジェブラの一発芸は「チッ」っと舌打ちwww
悪口ラップ後は田中黒トナカイを先頭にしてみんなでソリに乗る!かわいい!かわいい!!

21.Jumpin'up/KAT-TUN
黒ーンズのままじゃんぴな!外周へ。外周まわる時もほくろくんなんとかソリに乗ろうと必死だったww バクステで田中黒くんラップになったのだけど、いつものじゅりコールは黒ーンズver.で\くろ!くろ!くろくろくろくろ!/に。田中黒くんはラップが下手で(笑)超棒読み。黒ーンズのみんなに「お前ラップ下手だな!」って口々に言われてたww
曲終わり、田中黒くんだけになって哀愁漂う感じに…赤い鼻を舞台裏に投げてぼやく。
「黒ーンズは自由すぎる!ジャスティンビーバーはジャポニカスタイルやり始めるし、ほくろはソリをスキーみたいにして滑ってたし、ジェブラはパントマイムしてたし、ナイトメア京本は後ろでドラム叩いてるし、黒髙地はジェブラの真似してるし….…」ここで田中黒くんちょっと笑っちゃう。「裏であいつら笑ってんだよ!」ほくろくん「ヨォーーーー(地声)」
田中黒くん心折れ気味だったけれど持ち直して「やっぱり俺、あいつらともう一回話してみる!」そして黒ーンズの帽子を脱いで頭をかきむしり「あれ?今の俺って…シャレオツ?」からのシャレオツ!

22.シャレオツ/SMAP
新衣装〜〜で〜〜シャレオツ〜〜!!!!!!まず新衣装がシャレオツ!!!SixTONESちゃんってなんでいつも衣装があんなに強いの?!?!最高すぎる…。北斗くん右側はジャケット(腕部分がゴブラン織り的な花柄)で左側はゴールドのベストのようになってた。中に黒のトップスを着てて、その腕部分がシースルーでふんわりドット柄!!(わたしの持っているワンピースの袖部分に激似)トップスはかわいいけどジャケットがクールで強くてかっこいい…….。ボトムスはピッタリとしたスキニー的な赤いパンツで(ヴィンテージ調の柄が!)、ハイウエストめで腰にゴールドの布調のベルト。腰からはそのベルトの延長なのかゴールドの布が垂れてる!そして足元はパンツが足首丈で白ソックス+黒ローファーという最高オブ最高案件…。し!か!も!首元には黒チョーカーだよ〜〜リボン結び〜〜おリボン〜〜(故障) もう萌えポイントがてんこ盛りすぎて言語化できない!!!北斗くんでいっぱいいっぱいになってしまったのですが、きょもちゃんの衣装が王子様のようだったのは覚えておる!膝くらいまであるコートで、肩に強そうなスタッズがついてた!みんな赤黒が基調で、シルバーやゴールドの装飾でギラギラしつつ、アンティーク調の柄が施されてるようなお衣装でした…。
この衣装でシャレオツだよ…シャレオツ大好き芸人は息ができません…。

23.Battery/SMAP
新衣装にサングラスを装着してロボットダンス…!!!SixTONESのBatteryを見た瞬間にアァ〜〜このグループ応援しててよかった〜〜スト担でよかった〜〜って心から思った;;;;
こうWORLD ORD◯R的な感じで6人が下手から上手にロボットダンスで歩いて行くのがかっこよかった…そもそもWOR◯D ORDERが好きだしそれっぽくてすごく良かった…SixTONESちゃんってもともと超人的に顔がいいからサングラスかけてロボットダンスすると人形みが増すよね!人間味がなくなる…。曲終わりにサングラスを外すのがまた!またね!ずるい!!!!
このインパクトは非オタを虜にできると思うから少クラはもちろん地上波でもやってほしすぎる…。とりあえず友人を沼に落とす重要映像資料として保存したいから少クラさんよろしくお願いします(土下座)

24.IN THE STORM/SixTONES
シャレオツからのBatteryからのこの曲は⚡️⚡️
テンションめっちゃ上がって最高に楽しいと同時に、このボルテージの上がり具合に終盤なのかと意識してしまって寂しくもなるという(笑)北斗くん「君は見える」の直前でマイク直すの最高にかっこよかったです…SixTONESちゃん生歌ほんっとうまくて最高だよね!!!不安がない!!!!これすっごい大事だし大変なことなんだなって最近思うけどほんとSixTONESちゃんは全員生歌で心配いらないからはやく生放送の歌番組出て欲しい(結局そこ) そして新衣装でのshow meいただきました〜〜!今回のshow meはハニカミver.でした〜〜!最高!!!!

25.Real Face/KAT-TUN
田中!!!!!!!(叫) 東西でほくじゅり室くんの3人でリアフェやって、樹ちゃんがリアフェラップを解禁したのを思い出してしまって。そして中丸くんと樹ちゃんが肩組んで歌ったベスアのリアフェとか、2017年彼らが見せてくれた顔が走馬灯のようにバーーーッて思い出されて。それからまたこうして湾岸で見せてくれたこと絶対忘れないし忘れらんないなぁと思いました。舌打ちはジェシちゃんでした!!MCで\インゲン!/とか言ってた人とは思えないくらい色気ダダ漏れでスタイリッシュな舌打ちでした!!!!もうこうなったら全員の舌打ちが見たい、セクバ二みたいに回がわりにしよう(笑)

26.BRAVE SOUL/SixTONES×関西ジャニーズjr.
ブレイブッ🔥🔥🔥ソウッ🔥🔥🔥もうボルテージMAXだったしたーのしかった!!!!!✊外周してバクステでサビだったのだけど、揃いも揃ってオンナ(仮)が拳掲げてるの最高におもしろくて楽しかった!!!!卍卍スト担卍卍って感じだ✊🔥ブレイブソウルって無条件に熱くなれる最強な歌だよね!!!北斗くん「迷いはない〜一切合切!絡み合う宿命は愛〜〜」ってとこ歌ってる時ワイルド全開だった〜〜オンナ(仮)狩ってた〜〜〜!これまた公演自体とはまったく関係ないけど湾岸入った次の日に公開されたジャニウェブのSixTONESクリスマス動画見てからブレイブソウルのこと考えると笑ってしまうwww 末ズのせいwwwwww

おわりの挨拶
横一列になったSixTONESちゃん。ひとりひとり照らされて一言ずつ。北斗くん、今回の公演はメッセージ性とかよりもみんなで盛り上がることを第一に考えてつくったって言ってて、アァ〜もう、はやくこの子たちに大きな箱をあげたいって思った。EXや湾岸スタジオが東京ドームに思えるほどステージいっぱいいっぱい使って暴れる彼らを見る度に思う。ほんと、もっと大きいとこいこうね!!!まだまだ終わら〜〜な〜〜〜〜い〜〜〜〜〜〜🔥🔥🔥あと樹ちゃんが「また遊ぼう」って言ってくれるアレは何ですか???リア恋拗らせるよ????しんどい

27.Beautiful Life/SixTONES
ア〜〜;;;;挨拶で散々泣かせた後にこの曲ですか……。SixTONESちゃんのあったかくってやっさしい歌声がぴったりすぎなビューリホーライフ……。しっとり聴かせてもらいました。北斗くんチョーカーとイヤモニが絡まっちゃって、それを直そうとする仕草が最高に色っぽかったですありがとうございます!!!!ちゃんとソロパートに間に合ったのはさすがプロでした…👏

EC1.Rockin'/KAT-TUN
SixTONESちゃんのロッキンめっちゃ好き!!!みんな笑顔になるから大好き!!!!!!というわけでアンコール一曲目はロッキン。お衣装は新衣装のジャケットなしで登場。ここでほくとくんのトップスが両腕シースルーな事を知る。かわゆい…乙女だ….…。みんな額に汗で外周走りまくって。やんちゃSixTONESちゃんほんっとかわいいのかたまり……。

EC2.この星のHIKARI/SixTONES
みんなでこの星大合唱!!!!みんなマイクこっちに向けてニコニコ。平和空間…🕊(ここで目尻の下がる執筆者) 合唱中、後ろに亀梨くんが登場!驚いて声の出なくなるオンナ(仮)。SixTONESちゃんも知らなかったようで飛び上がって駆け寄ろうとする北斗犬🐶🐶 ゆごちゃんのマイクを借りて「楽屋に焼肉弁当置いておいたから!!!」そして立ち去る亀梨さんはやはりスターだった…。
その後大我ちゃん「すごいスピードで去っていく亀梨くん」
樹ちゃん「亀梨くん待ってー!」
北斗くん「亀梨くーーーーん!!!!」
と完全に亀梨くんモードにwww 曲終わりに樹ちゃんが「ってことは亀梨くんロッキン聞いたってことだよね?!」とすっごい嬉しそうでした。よかったねSixTONESちゃん!!!

WEC.挨拶
レポ見ずに入ったので、まさかWECまで出てきてくれるなんて思わずに涙!!!!挨拶で一番印象に残ったのは、「みんなの声があればまた会えるから」と言う樹ちゃん。そしてそれ\(コンサート)やってー!/と答えるオンナ(仮)。「俺に言っても…!」と戸惑う樹ちゃんを横目に北斗様が一言。「いい大人なんだからどこに言えばいいかわかるよなぁ?!?!」お腹抱えて爆笑したww 北斗様のおっしゃる通りにいたします!!!!!!
最後はける時大我ちゃんが亀梨ターンを披露!(めちゃめちゃ決めてる) 次に真似して慎ちゃんもターン。そして残された北斗くん「ここ2つ(汗で)円が出来てるから!」2人に続いてターンを期待された北斗くん「うるせぇな!」って言いながら一旦はける。けど、もう一回出てくる。その時後ろのセットを大我ちゃんと慎ちゃんが普通の顔して通るwww 「俺もこっちから帰ろ!」と後をついてって一旦セット裏に入る北斗くん。最後に顔をひょっこり出して投げチューで去る(三宅健) 総じてかわいかった!!!!みんなかわいい!!!!!!意味わかんないけどかわいい!!!!!(笑)

以上、語彙をフジテレビ湾岸スタジオ内に置いてきたわたし(5)によるかんそうぶんでした。私事すぎるんですが2017年いろんなことがあって悲しいこととか辛いことたくさんあったんですけど、ぜんぶ!ぜんぶSixTONESが吹き飛ばしてくれた!!!!湾岸での彼らを見て心から生きててよかったっておもいました。SixTONES、北斗くん、ほんっとにありがとう!!!!!!そんな感謝の気持ちと、もっともっとSixTONESが見たいと言う己の欲望を綯い交ぜにして(笑)、北斗様の仰せに従って要望送りまくります。SixTONESだいすき!!!!!!ズドン!!!!!!

傷つけないということ

誰も傷つけないということ。誰も傷つけずに笑いを取ったりその場を明るく照らせる人。それはすっごい、すーーーーっごい難しいことだと思うんだけど、わたしはそれができるひとにとっても憧れている。憧れて、なりたいって思うし、同時にすごく好きになる。憧れと好きの感情が入り混じってわーーってなる。なるんですよ。

わたしにとってそれができちゃう人の代表みたいなのは井ノ原快彦さんなんです。よっちゃんなんです、よっちゃん!!!よっちゃんは誰も傷つけない。誰も傷つけないでその場をパーッて明るく照らして、みんなを笑顔にする。しかもよっちゃんのすごいところはそこだけじゃないの、そう、よっちゃんは自分も傷つけない。周りの人だけじゃなくて自分も傷つけないんです。自分が思ったことは包み隠さないで全部言う。あさイチを見てると、よっちゃんは良い意味であの業界に飼い慣らされずに、自分の意見を一人の人間として発言できる人だなぁってわかる。他人も自分も傷つけない。よっちゃんは本当の意味で誰も傷つけない人なんです。
そんな人になりたいなぁとわたしは思う。最近、そんなふうに強く思うことが多くなった。それはいろんな場面で。アイドルとか俳優とか、表舞台に立っている人を応援する立場としてそう思うこともあるし、学校とか家族とかのプライベートな対人関係でもそう。でもやっぱり一番そう思うことが多いのはJr.担をしている時のわたしだと思う。

わたし自身はありがたいことに、Twitterでもはてブでもnoteでも素敵な方々に恵まれていて、楽しい時は一緒に楽しんだり、辛い時はあたたかいコメントで励ましていただいたり、本当に本当に感謝しかない世界のなかで活動できている。でも、SNSがそんな世界だけじゃないこともわかっていて。辛辣な言葉で他者を攻撃したり、いかにも冷静に分析したような口ぶりで不確かな情報を流したり。自担以外を傷つけたり、誰にもわからない先のことを自分の憶測だけで言い切ったり。そりゃあさ!わたしだってSixTONESが一番、北斗くんが一番だってすっごく思ってるし、わたしも人間だから、あの子はあんまり好みじゃないなぁとかあるよ!!でもね、わたしがSixTONESや北斗くんが好きなように、そのグループのその子を心の底から応援してる人がいることも、応援している時の気持ちも、とてもよくわかるから、わたし自身の好みじゃなかったとしても絶対にその子もその子を応援している人のことも傷つけないって決めてるの。Jr.っていうのは正直不安定なものでさ、いつ何が起きるかわからない世界だから怖くて怖くてしょうがなくて、自担や自ユニを守りたくなったり、他ユニに先を越されて悔しい〜!って思ったりすることもあるよ。その時、守りたい気持ちとか悔しい気持ちを我慢しなきゃいけないんじゃない。悔しい時は悔しいってはっきり言っていいと思うの。それは自分自身を傷つけないために。でも、その悔しい気持ちを刃物に変えて誰かを攻撃しちゃいけない。悔しい気持ちは前を向くためにぶつけるものであって、他ユニや他担を傷つける理由にしちゃいけないってわたしは思うんだ。最近始まったことじゃないと思うけど、ちょっとずつJr.界隈がざわざわし始めて、一層そういう風潮が見られるようになったことがわたしは悲しくて。そしてもしかしたらいつの間にかわたしも誰かを傷つけてしまっているのかもしれないと思うと怖くなったりもして。

わたしがジャニーズを好きになれた原点は井ノ原快彦さんにあって、彼を好きになった理由のひとつに「誰も傷つけない」ってことがあった。だからわたしは、ジャニーズを応援するときにその心はぜったいに忘れちゃいけないと思ってて。よっちゃんが好きで、よっちゃんのそういうところが好きで、好きすぎて、なりたくて、わたしはよっちゃんみたいになりたいんだ。だからわたしは、誰も傷つけずに周りを明るく照らしたい。ジャニーズを応援するきっかけをくれた人に恥じないような姿で、全力で応援したい。そう思う今日この頃なのでした。


※もともとnoteに投稿した内容をそのまんまもってきました。深夜のひとりごとです。すいません〜〜

SixTONES担になった瞬間

わたしはもともとジャニーズの畑にいなかった人間なので、ジャニオタさんが自担(一番に応援してるひと)を変更した時に「担降りブログ」というものを書くあの文化がなかなか理解できませんでした。好きなひとは何人いてもいいじゃん!応援するのはひとりっていう決まりはないじゃん!しかも一番に応援してるひとを変えた時にわざわざシリアスな面持ちで「担降りしました」って言う必要ないじゃん!みたいな。そういう考え方ができる界隈にいたもんですから、ジャニーズの世界に足を踏み込んだ時はこの「担降り」がなんで一大イベントみたいな感じなのかわからなかったんです。でも、自分がジャニオタとしていわゆる「担降り」的なものを経験した時にはじめて少しだけその気持ちがわかりました。



わたしがジャニーズをすきになったきっかけはV6。大学でポップカルチャーみたいなのを勉強してる時に習ってた先生が岡田くんのファンでした。当時わたしはジャニーズから遠い世界にいたから、「アイドルなんて」みたいな偏見にまみれたしょーもない生徒だったんですけど、その先生の影響でちょっとずつV6をかじったらその「プロ感」に偏見を打ち砕かれました。ちょうど図書館戦争のPRで岡田くんがたくさんテレビに出ていて、アイドルだけではない俳優としての実力とお茶目なキャラクター、そしてアイドルスイッチが入った時に出る違った魅力にすっかり引き込まれてました。その後20周年を迎えるとのことでテレビ露出も増えて、V6の沼にズブズブハマりました。V6の乙女ゲー「ラブセン」も課金までしてめっちゃやりました。V6を知るうちに、先輩からも愛され後輩からも慕われる永遠の少年・井ノ原快彦さんが好きで好きでしょうがなくなりました。自担第一号です。わたしが今まで思ってきた「顔さえ良ければ歌が下手でも踊りが下手でも演技が下手でも人気が出る」アイドル像とは真逆だったV6。舞台やミュージカル、司会業に映画俳優ーーいろんな分野でプロとして活躍する6人が合わさった時に出る6倍以上の力。彼らは「歌も踊りも演技も話も(もちろん顔も!)全てが愛されなければならない最高のセルフプロデュース業」であるアイドルの魅力に気づかせてくれました。



そして健ちゃんが滝沢歌舞伎に出演が決まったことをきっかけに少クラを見始め、たちまちわたしはジュニアの世界に足を踏み入れたわけですが、そこで目が離せなくなったのは松村北斗くんという同い年の男の子でした。塩顔の美しさ、スタイルの良さ、ダンスの切れ味、言葉の使い方…クールなキャラかと思えば子どものように笑ったり、知れば知るほど底知れぬ魅力を持つ人でした。気づいたら北斗くんばかり追いかけて見るようになって、気づいたら「一番応援したい」って思うようになっていました。一緒にV6を応援していた母は滝沢歌舞伎を観て早々に大我くんにキッパリ「担降り」したけど、わたしはやんわりと「掛け持ち」をするという選択をしました。



北斗くんは(大我くんも)、6人の個性がバラバラなところがウリであるオラオラ系グループ・SixTONESに所属していて、北斗くんのことを好きになった当初から、6人みんなカッコイイしカワイイしすきだな〜なんて思ってました。でも北斗くんと5人の間にどこか距離があるような気がしていて。個性的でバラバラな方向を見てることがウリだからいいのかもしれないけど、北斗くんだけちょっとハミ出してるというか、それが良い意味ではちょっとなくて。他の5人はメンバーのことを好き、SixTONESというグループが好きって言ってくれるのに、北斗くんの口からはハッキリそういう言葉を聞けなくて。メンバー間で褒め合いをした時、北斗くんだけ名前が上がらなかったりとか(笑) 今では定番化したオーラスの時のオールバックも北斗くんだけしてなかったり。雑誌とか少クラのトークとか現場での様子とか、そういう小さな情報の積み重ねで複雑な気持ちになることが多かった。わたしはSixTONESが好きだけど、わたしの好きな北斗くんはSixTONESのことが好きじゃないんだろうなって。その勘は当たっていたことが後にわかるわけですが(笑)、徐々に薄まっていったけど去年のジャニアイくらいまではそう感じてました。



状況が一転したのは東西SHOW合戦でした。あの現場に入った時、「北斗くん、SixTONESでやっていくって腹括ったな!」ってめっちゃ思ったんです。ありありと伝わってきた。それは北斗くんだけではなくて、6人みんなに言えることでもあって。この6人で生きていこう、デビューしようっていう力強い思いみたいなのが、パフォーマンスや挨拶の言葉にすっごい現れてて。ちょうどあんなことやそんなことがあった時期だったから、他のメンバーが辛い時は俺たちが守ろうとか、グループで助け合おうとか、グループとして6人が存在する意味みたいなのを本人たちが再確認したって感じもあって。北斗くんの「SixTONESは個々はどうしようもないバカばっかりなんですけど、6人集まるとすごいんです。僕はSixTONESを胸張って良いグループだと思ってる。」っていう挨拶を聞いて、この人を、このグループを好きになって良かったっていう半ば安心みたいな気持ちと、これからこのグループと一緒に夢を叶えたいっていう未来に対する強い気持ちが湧きました。これまでも北斗担でありスト担だったけど、東西SHOW合戦での北斗くんの言葉と6人のパフォーマンスで、改めてスト担としての覚悟を決めました。わたしも腹を括ったんです。



だから、わたしははっきり「担降り」という瞬間を持たなかったけど、今振り返ればこの瞬間が「担降り」だったんじゃないかって思ったんです。V6というわたしの中での完璧で理想形であるアイドルグループと掛け持ちすることで、北斗くんとSixTONESに知らず知らずのうちに抱いていた不安をやわらげていたのかもしれないなって。はっきり言えば、V6は完璧だからわたしを悲しませることも傷つけたりすることもない。当時の北斗くんとSixTONESを見てると、それが些細な情報や思い違いであっても、悲しんだり傷ついたりしてしまうんじゃないかって思うことがあったんです。でも東西を経てその不安は一気になくなった。北斗くんを、SixTONESをもっと信じていいし、信じてみたい。ついていきたい。何度も言うようにV6はわたしの中でもう完成されているから、V6はもうずっと今のV6だし、こうして続いていくと思う。けどSixTONESはこれからどうなるかまだわからない世界の中で、必死に戦わなきゃならないし、デビューできたとしてもまだまだたくさんの壁が待ってるんだと思う。その壁も一緒に超えたい。一緒に乗り越えて、一緒にその先に見えるキラキラした未来が見たい。SixTONESは公演をするたびにわたしの予想を遥かに超えてくるから、どうやってわたしの理想形を超えてくるのかが楽しみでしょうがなくて。その前から北斗担ではあったけど、きっとわたしはここで「担降り」をした。掛け持ちをやめて、SixTONESを1番に見つめようって気持ちになったんだと思うんです。



それからというもの、SixTONESはますます団結力を強めてきていて、ひとりひとりが個性的であるところは変わらないけど、みんながおんなじ方向を見るようになったと感じます。こないだのキントレとか、もうすごかったんですよ?!どんどん力をつけて、どんどん素敵になって、どんどん前に進んでる。そうそう、キントレのすのーんず公演で、北斗くんが「SixTONESが嫌いで閉ざしていた時期があったけど、今はそこそこ好き」っていう旨のコメントをしてたらしくて。やっぱりねっていう答え合わせのような気持ちと(笑)、あ〜よかった!!!って気持ちでいっばいになりました。こんなことまで言えるようになって…北斗くんSixTONESのこと大好きになれたんだな、よかったなって。SixTONESが好きな北斗くんが好きだし、北斗くんが好きなSixTONESが好きです。もうこの人たちについていくしかないです!!!



というわけで、長々書いてしまったけどこれがわたしがはじめて経験し、はじめて感じた「担降り」というものです。もちろんV6は今でもテレビは全チェックするしコンサートもイベントも行くくらい好きだけど、V6はわたしにとっては理想形だし完成形なので、もう自ユニと言うよりはそれを超越したアイドルの神みたいな感じなんです。だからジャニオタの名刺があるとして、わたしの名刺の1番上に書くのはSixTONES担であるってことだし、自ユニはSixTONESだし、自担は松村北斗くんだなって。


あと、掛け持ちしてようがしてなかろうがみんな自担・自ユニを思う気持ちは一緒だと思っているし、最初に言った通り私はジャニオタ育ちではないので「担降り」なんてハッキリ示さなくたっていいと思ってます。わたしはたまたま東西に入った時になんか込み上げるものがあったので、一応ここできちんと書いておこうかなって思ったので書きました。東西に入って、スト担としての覚悟とプライドができました。SixTONESのみんな、ずっとついていくから、一緒に夢叶えような!!!!ズッドーーーン!!


※もともとnoteに8月16日付で投稿した内容を一部変更して投稿しました。

君たちは世界の宝物だ【SixTONES単独EXのおはなし】

わ〜い!お久しぶりです。長い長い春を経てようやく俺たちの夏がやってきました…!そう!キントレSixTONES単独公演!!久々の現場にだいぶ浮かれポンチだったので一瞬一瞬を楽しむことに精一杯で、これからちゃんと文章に落とし込めるか不安で不安でしょうがないんですけど書きます〜!めちゃめちゃざっくりレポいきます〜〜

ーーこの世には影が存在し、罪なき人を襲うーー
SixTONESちゃんが影に囚われてる設定からスタート。でも影は彼らがSixTONESだってこと忘れて甘く見てたから逃げられちゃう……という旨の文章がモニターにカッチョイイ感じで映る。そして…

IN THE STORM/SixTONES
明るくなった瞬間、ボックスの中で鎖に繋がれてる6人が出てきてヒェーーーーーってなった。最初っから飛ばしてくるなSixTONES〜〜☝︎☝︎アメイズィンの衣装と鎖って相当ヤバくない…?しかも貴族みたいなお椅子に座ってたから完全に帝王だった…👑 ちなみにざっくり位置はこう。
ゆご ジェ ほく
樹 きょも しん
北斗くん鎖を外す手から色気が溢れ出てた…。外してから上段三人が位置交換してほくちゃん真ん中で歌うの帝王感がMAXだった。
特に初日はマジでお天気がインザストームだったから「フゥ〜〜☝︎☝︎インザストーム☝︎☝︎」って気分になってた(どうでもよい)

BE CRAZY/SixTONES
飛ばしに飛ばしてくるSixTONES先輩。鎖を解いた6人がボックスを降りて一列に並んだ時の感動よ…。きょもちゃんの煽りが最高だった!「夢見た未来を叶えるために… お前ら盛り上がれんのか〜〜!!!!!!」\キャー/みたいな。いつもハチャメチャに楽しいビークレ。

BraveSoul/SixTONES
ジェシーちゃん「あっち行っちゃうよ」が会場を抱いた台詞ベストオブザイヤーすぎた。曲が始まるとともにバルコニーに登っておたくも一緒に「ブレイブ!!!ソウル!!!✊」
3日朝公演はSnowmanが見学来てたからワチャワチャしててかわいかった〜。シャカリキに踊って笑いをとったり阿部ちゃんにちょっかい出してるほくとくん(5)のバブみがすごかった。爺孫のハモりパート、2人にスポットライトが当たって声も景色も美しかった…。

P.A.R.A.D.O.X/嵐
テー♪レー♪レー♪レー♪ってイントロ鳴った瞬間テンション爆上がりした…。色気が溢れてた…。

3D Girl/Kis-My-Ft2
「俺だけを 愛しなよ」「俺だけをミツメテロ」……言われたかった〜〜!!「ミツメテロ」のところの北斗くん色気溢れすぎてた……。

SixTONES DANCE INST/SixTONES
そして突然騎馬組み始めた時の\来たーー!!!/感がすごい。樹ちゃんのラップ部分だけ食い込ませて来たの「せいぜい頑張れNo.2」って言いたかったからでしょ〜〜〜ってニヤニヤしたおたくがここにいます。本当に好きなラップ…。

Follow/Kis-My-Ft2
SixTONESのFollow大好き芸人としてはイントロ来ただけで沸いた。Followはきょもちゃんの歌声が一番綺麗に聞こえるトーンだと思うんだよ〜〜本当に聞けてよかった…。少クラ同様腹チラもいただけて叫んだ……。

Hair/Kis-My-Ft2
北斗くんが最初の「Hair」でした…ウィスパーボイス良くない……倒れる………。しかもちょっとニッて笑うの!!ここまでキメキメなお顔で歌ってきたのにここにきてニッて……カメラに抜かれた時の表情がたまらん好き………。「腰に手を回して〜」のとこの腰振りは完全におたく殺しでした。北斗くん歩く18禁すぎた。

D-motion/KAT-TUN
ここで来た〜〜!!!待ってましたDモ!!!!見やすさも考慮してくれたのか階段に座って踊るDモ本当かっこよかった…。どこからともなくサングラスを出してかけるのも最高。北斗くんの顎のラインと首すじが最高に美しかった…。みんなロボットダンス上手くなってるしお顔は美しいしマジでアンドロイドなのではないかと疑った。北斗くん3日朝公演で2回目の「感じるままに」のところでサングラス外して頭に乗っけたのカワイイ!罪深い!!ラストのチャッチャッチャッチャッチャーンチャ(伝われ)のとこでロボットのようにサングラスをかけ直した北斗くんも最高…。D-motionはいいぞ……。

Tell me why/京ジェ
ここでスト4捌ける。白のスポットラストの中たたずむ京ジェは本物の天使かと思った…….。アメイズィン衣装のままなんだけど本当、空から舞い降りたのかと思わせるほど美しい光景だった…絵画かな….…。声も透明度が高くて、お顔もお人形さんのように美しくて、儚くて…。ここまで割とオラオラソングと色気爆発ソングで攻めて来たからTell me whyで急に儚い世界になって胸がキューってなった…。

1 for you/ジャニーズJr.
ボックスが二手に割れて出て来たスト4…!赤いスーツに黒ベストでキマってた。わたしはまだまだド新規なので1 for youを歌っていたヒプホちゃんたちをリアルタイムで知らなくて動画で見たことある程度だったけれど、それでも動画で聞いた声より遥かに大人になってて感動した…。今回の公演比較的ゆごほくシンメが多くて、この曲もそうでした。北斗くん片手バク転してて最高にクールだった…。

この星のHIKARI/SixTONES
ジャージャージャージャジャジャジャン♪って来た時の\キャーーーーーー/がすごかった!!もうほんとだいすきなこの星〜!!!!最初の手を叩くところ、初日はしっかりお手手を叩いてたけど3日朝公演では慎ちゃんのお尻を叩いてた北斗くん。無邪気でかわいかった〜!あと3日はなんだかきょもじゅりが手を振り会うのにハマっていたらしく(?)、ゆごじゅりがきょもちゃんに思いっきり手を振ってたのが最高にキュートでした。この星になるとみんな笑顔になるからとてもよい!!いままで攻めたセトリだったからここに来て笑顔のみんなが見られて嬉しかった。赤スーツでのこの星もちょっと珍しくてよかったな〜!

MC
樹曰く「このライブは3部構成になっていて、前半戦 MC 後半戦 それぞれ30分ずつとなっております」とのことなのでハッチャメチャにMCが長い!!!いや嬉しいんだけど!!!!体感は短いんだけど時間は長い!!!!!!もう本当カワイイの渋滞すぎてSixTONESのこともっと好きになるMCだった…。Sixお話だいすきTONES可愛すぎか…。

エンドレス・サマー/NEWS
もう絶対生で聴きたいと思ってたから嬉しすぎる選曲…。ここから怒涛の夏うたメドレーが始まるのだけどもうたまらん…。MCで散々ふざけた後(特に3日朝公演なんて慎ちゃんの一発芸で曲がスタート)なのにみんな途端にキリッと踊り出すの爆モテかよ!!!!!!でも3日朝公演では歌い出してもきょもじゅりがふざけ合ってニコニコしてて平和な世界だった。Six全曲生歌TONESさんのエンドレス・サマー、全員素敵な声すぎて泣いたよ…。

ジェットコースター・ロマンスKinKi Kids
ジェロマ大好き芸人なので\ピッピピッピーーーー/って笛の音鳴って絶叫した。嬉しすぎだよ〜〜〜〜〜。祭りでも少クラでも歌ってくれたけどSixTONESだけでジェロマってなかったから本当に嬉しかった…。

SexySummerに雪が降る/SexyZone
からのセクサマ!!!SixTONESがセクサマ?!?!あのカワイイ振り付けをSixTONESが?!?!と大興奮しました。ゆごほくはステージに残り他のみんなはバルコニーからバクステへ。初日は見学の基くん今村くん林蓮音くんと、3日朝公演はSnowmanと五十嵐くんとセクサマ踊ってた。初日の3人と五十嵐くんは振りが完璧だったけどスノの皆さんはゆごほく見て何とか追いつこうとしてた(笑) ふっかの\メリークリスマス☆/めっちゃ面白かったし、バクステでワチャワチャするストを見守るゆごほくが可愛くて可愛くて…。ふたりとも振りは完璧だしニコニコしてて平和の象徴だった…🕊

BANG!BANG!バカンス!SMAP
「お前らもっと盛り上がれんのか〜〜?!?!」的なほくちゃんの煽りで爆上げした〜〜!!ゆごほくもバルコニーへ移動。アリーナにも指定にも隅から隅まで手を振る北斗くん天使でした。手を振っている時の北斗くんは優しいお顔をしててとっても好きです。

Ho!サマー/タッキー&翼
ノリノリでホッサマ楽しかった〜〜!!おたくもみんなで波乗りの振りしたり、近くにいるストちゃんに手振ったり。ストちゃんもおたくもいい顔してたホッサマ。3日朝公演ではきょもちゃんがなべしょを横に立たせて歌ってたんだけど一向にモニターに映らなくて「恋はサーフィン〜夏色にイェ〜イイェ〜イ わ〜たな〜べ〜〜わたなべ〜〜が〜〜 う〜つらない〜〜♪」って歌っててお腹抱えて笑ったw

黒ーンズの登場
ホッサマが終わってみんな捌けると、下手側バルコニーから♪の被り物をして黒いマントを羽織った田中樹を追ってる影(樹)が…!!!(初日は謎のままだったのだけど翌日からは田中黒という名前だということが判明しました) 初日の悲鳴がすーごかったし例に漏れず私も叫びまくった… ♪はメンカラのキャップにくっついてて、キャップを前後反対にして被っていてちょぉカワ。
「5人メンバーでやってるんだけど、SixTONES全然捕まえられないんだよね。あのジェシー追ってたやつはどこだろ??」と樹ちゃんが言うと真ん中からジェシーを追ってるジェブラさん登場。ジェブラさんの名前の由来は「ジェシーとブラック。光と闇。光は白。闇は黒。シマウマは白と黒。シマウマは英語でゼブラ。ジェブラ。yeah」とのことです。なんかうまい。
その後「髙地と北斗追ってたやつは…?」となって2人が登場。髙地さんを追ってる黒髙地さん、3日朝公演では発音にこだわりが。「黒コーチです!」「何だその発音」「髙地ってやつこう呼ばれてるんだって」SixTONESイチオシのコーチ呼びは黒ーンズにも浸透していました。
北斗くんを追ってる方の名前は…「松村ほくろです!」初日は「親につけてもらった名前です!」っていって田中黒くんに「突っ込みづらいやつだ」と言われてました。3日朝公演では田中黒くんに「ほ↑く↑ろ↑(ほくろの発音)??」と聞かれると「ん〜〜??」と言ってぶりっ子困り顔に。ほくろくんのぶりっ子本当に可愛かった……。田中黒くんには「これ面倒くさいやつだ」と一蹴されてました。カワイイほくろくん。
「あの、慎太郎追ってたやつ遅いな〜〜どこだ?」と言われて真ん中から登場したのは初日「トム・クローズです!」でもトム・クローズは本人曰く心が痛くなってしまった(おたくがポカンとしてしまった)ため、3日朝公演には「モリティン・ビーバー」に。モリティン・ビーバーはすぐWhat do you mean〜♪って歌い出します。たまにジェブラさんも相まって騒がしい感じに。
「お前らが全然SixTONESを捕まえてくれないから、今日は新入りがいるんだ!」と紹介されて出てきたのは本を持った京本さんを追ってる影。本を開いて「今日から黒ーンズとしての1日が始まった。でも僕はひとりぼっち。だから僕はこの黒いノートを使って新世界の神となるーー!(棒読み)」「おまえ、名前は?」「ナイトメア京本(左手をウィッシュポーズにして顔横へ掲げる)」厨二大我ちゃんちょうカワイイ。ちなみに3日朝公演ではこの長台詞をたどたどしく読んで田中黒くんに「落ち着いて喋ろうねぇ」って言われてたし名前も「ゴルゴンゾーラ京本」で「おいしそうな名前だね」って言われてた。少年たちパロなのめっちゃ面白いしこういうとこで小ネタ挟んでくるSixTONES好きです。Twitterでちょいちょい厨二発言をいじられてるのを知ってるのかこの公演できょもちゃん割と厨二な立ち位置だったw
SixTONESつかまえるぞ〜!」って言って始まったのが黒ーンズのテーマ(仮)。これがもうほんと死ぬほどカワイイ;;;; みんなバイクのハンドルみたいの持って(モリティン・ビーバー曰く「チャリ」なのだけどどう見てもバイク)乗ってる風に動くの……。「俺たちは♪黒ーンズ♪こころ♪close♪」ってみーんなニコニコで歌うしカワイイの大渋滞。松村ほくろくん(5)がフニャフニャに笑うの〜〜もう〜〜可愛すぎて腰砕けた……。「ここにいるのみんなSixTONESのファンらしいから、今から悪口言ってやろうぜ!」って田中黒くんが言って、メンバー紹介ラップのスタート。

いつでもどこでも大騒ぎ 声がでかすぎ耳障り(慎)
見た目と性格誤差がある いっつもつまらん親父ギャグ(ジェ)(ここでジェシーの一発ギャグが入る)
いうことやること破天荒 見た目は白すぎ不健康(京)
私服のセンスは意味不明 プライベートは行方不明(北)
イケメン 優しい ラップ上手い モテモテ カリスマ 田中樹!

ここがね〜〜もう最高なんですよ…。きょもちゃん自分が言われてる時人差し指ほっぺに当ててプクーってするし、ほくちゃんもフニャフニャ笑ったり3日朝公演では白目剥いたりしてお茶目さが出まくってた。樹ちゃんだけ自分上げてるの面白いしそれを聞いたストちゃんたちが口々に\バカ!/\おい!/とか不平不満を言うの可愛かった。歌詞に出てくる\ざいま〜〜す!!!!!!/めっちゃ汎用性高いのでこれから使いまくります。歌の中に「こぶし!かかげ!ちから!あわせ!せーの!ズードン!!!!!!」って出てきて一緒にズドン出来るの嬉しいし、ちゃっかりズドンの後の!が6つなのがもうね…君たち‪Amazing!!!!!!‬だよ…。この歌詞や演出をみんなで一生懸命考えたんだなって思ったらもう可愛くて可愛くてストちゃんまるごと抱きしめたくなった…。だいすきだよSixTONES…そして黒ーンズ…。

Jumpin'up/KAT-TUN
「あっSixTONESがくる!つかまえるぞ〜!」って捌けていった黒ーンズちゃん。すぐにSixTONESが出てきてジャンピナ〜〜!!!!!この流れテンション爆上げでしかない!!!!みんなで手を叩いたり\What?What?/って声出したりたーのしかった!そして何より\じゅり!じゅり!じゅりじゅりじゅりじゅり!/ですよね!ハー最高だったまたやりたい!!!あとジャンピナ中にほくじゅりが腰突き出し合うやつを見たんですがアレはなんでしょうか…(混乱) 完全にぶつかり合うくらい近かったしお互いいたずらっ子な表情してて悶えました。もうほくじゅりさん!!!悪い子なんだから!!!!ジャンピナ終わった時顔の横でピースした松村北斗さん爆モテDKでしかなかった…わすれられないピース✌️

Pray/ジェシー
日生劇場に舞い戻ったかのような感覚…。マジのアカペラでPrayを歌いきったジェシーさん神様でしかない。ジャニーズjr.だと言うことを思いっきり忘れるほどの歌唱力。こんなすっごい歌唱力を見せつけるなかで、マイク近づけたり離したりして少し笑いを起こしちゃうお茶目なジェシーちゃんkawaii ここでおたくが息を呑んで静かになったのも、一面が赤いペンラで染まったのも感動した。スト担(オンナ)たち大好きよ…。

I got the FLOW/神山・藤井 (J2)
たくさんの人の腰を砕けさせたアガタフロ〜〜!!!後ろからジーパンでパリピな樹ちゃんが出てきてJ2の爆モテなオーラにたちまちやられました。樹ちゃんの「oh verygoooooood…」がどエロくてひどい!(褒めてる) あと樹ちゃんの「刺激的」もなんかすっごい刺激的でした(語弊)

今夜貴方を口説きます/伊野尾・八乙女 (ゆごほく)
ねぇ〜〜〜〜〜〜;;;;(発狂) ゆごほくの2人がさぁ、ビーアイを思わせる黄色い衣装でさぁ、今夜貴方を口説きますだよ???ハーーーーもうありがとうございます!ざいま〜〜〜〜す!!!!!(cv.黒ティン・ビーバー) いのちゃんパートが北斗くん(上手バルコ)で光くんパートがゆごちゃん(下手バルコ)でした。ゆごちゃんと\ゴシゴシ私はスポンジでーす/、北斗くんと\チクタクチクタク腕時計〜/って合いの手入れたり、fufufufu♪って振り一緒にやったりして楽しかった!そしてなにより北斗くんの「全身濡らしてあげる♡」ですよね…初日は原曲みたいに明るく語尾に♡がついてたけど3日朝公演は「全身…濡れてんだろ??」と言われて死にました。「いっそ君からアイラビュー♡」と歌われましたがアイラビューすぎてしんどいですもう無理…(語彙喪失)

SUNRISE/京本大我(作詞作曲も京本大我)
きょもちゃんの新曲。赤いギターをかかげてカジュアルな衣装で登場。夢を追いかけている人を応援しようと書いた新曲です。サビのとこでアカペラになるのが印象的。夢に向かって走っていって不安に駆られる自分を抱きしめてあげられるのは僕自身だけ、というメッセージにきょもちゃんがこれまでどんな気持ちで困難を乗り越えてきたのかが垣間見えた気がしました。これはきょもちゃんがきょもちゃんに宛てた曲なんだなぁ…。茜空よりもはるかにギターが上手くなっててしみじみしてしまった。きょもちゃんの夢がかなうのが私の夢だよ!!!!!!

愛のマタドール/NEWS (きょもしん)
愛マタ〜〜!!!!!!慎ちゃんがステッキできょもちゃんが傘という最強の小物チョイス!SixTONESさんたちって小物の使い方も心得てるんですよねワァカルゥ…。しかもきょもちゃんの傘、なんか雨傘じゃなくてちょっと変わった形してて世界がヨーロッパだった(?) 慎ちゃんの激甘ボイス大好物なので2人曲だとよく聞こえて嬉しかった〜〜!!

DON'T U EVER STOP/KAT-TUN

光を求め、音の導く方へと突き進む彼ら
いいか、安心するな
影は今も足元に潜み狙っている
今度こそ完全に断ち切らなければ
次こそは

スクリーンに上のような文が映し出されてドンエバ…!!!!!!インストのお衣装です。ほくちゃんの二の腕〜〜🙏🙏 SixTONESちゃんがどっかの雑誌で「ずっとやりたかった曲」って言ってたの、もしかしてドンエバのことかなって思ったり…。影との最終決戦となるこの曲、とにかくスクリーンを使った映像演出がハンパなくかっこいい…!スクリーンに影(黒地にそれぞれの白いシルエット)が映るんですよ…。スクリーン前で6人揃って踊っている時は影が一緒に動いて、その後1人1人影とタイマンで戦うんです。なかでもジェシちゃんの影、「かかってこいよ」と言わんばかりに指クイしたのハンパなくかっこよかった(影だけど)。みんなスタイルおばけなのでキックした時の足の長さがすごい!最高でした。樹ちゃんラップの時は樹ちゃんの影がバーってたくさん出てきたり(語彙の喪失)、スクリーンの使い方が本当にうまかった…。ドンエバの\パリーン/って効果音に合わせてそれぞれの影がやられていって、最終的にSixTONESが勝利。

Peak/KAT-TUN
スクリーンには影でなくSixTONESちゃんそのものがリアルタイムで映し出され、グニョーーンって奥にいっぱいいるように見える加工が施されてました(伝われ)(語彙の限界) 少クラでSixTONESちゃんのPeakが放送された時そのあまりのかっこよさに鬼リピしたほどだったのでチョー嬉しかった!ゆごじゅりとほくしんの歌声もよく聞こえるし最高なんですよねぇ…

Rockin'/KAT-TUN
なんだか歴史を感じる;;;;ロッキン;;;;\JUMP!JUMP!/で飛び跳ねたりペンラ振ったりするの楽しかった〜〜!!何と言ってもSixTONESちゃんたちが楽しそうなお顔でJUMPするのよ〜〜これがもう可愛くて可愛くて。大人になったSixTONESちゃんのロッキン、また少クラでやってほしいな〜。

NEIRO/KAT-TUN
この選曲がまたすごい(すごい) この公演が終わりに近づいていってしまう切なさと、SixTONESちゃんたちがこれから前を進んでいく覚悟と…。彼らがこれまで背負ってきた過去と駆けていく未来が両方見えた気がして、感動しすぎて涙が出た…。「帰る場所は君が奏でる」を1人ずつ歌うのね……;;;;みんな優しい声をしているから心がキューってなったよ…。SixTONESありがとうって気持ちになった曲。

挨拶
ここで1人1人挨拶。この短いライブの中でしっかりと1人1人の挨拶を入れてくるSixTONESさんよ…。NEIROからのこれは涙腺崩壊でしかない。内容はMCと一緒にまとめます…!

ここでオリジナルソングの題名と歌詞を取り入れた文章がスクリーンに映る!

彼らは影を倒し音と光を取り戻した
これから先も影に狂わされる時が来る
BE CRAZY
そんな時こそ前だけを見て進みなさい
この星のHIKARIがいつまでも照らし続けてくれる
例え嵐の中でも
IN THE STORM
私はいつでも彼らを信じている
なぜならあなたたちは

Amazing!!!!!!

Amazing!!!!!!‬/SixTONES
スクリーンに映し出された文章からのこの‪Amazing!!!!!!‬はズルい!!ボルテージが完全MAXになったしおたくの歓声もすごいし本当に盛り上がった…!!!!!!久々の生アメーィズィーン(cv.北斗くん)は刺激が強すぎてブッ飛んだ…。あの顔に手を這わせる動きといい舌舐めずりといい声といい18禁すぎてしんどい。あと「愛が欲しけりゃ任せろLove」と「泣いているなら寄り添うStyle」を久々に聴けてチョーよかった…はやく少クラさんでフルが聴きたいよぅよろしくお願いしますねNHKさん〜〜!!

ここでスクリーンが表に出てC&Rタイム!
‪Amazing!!!!!!‬のBGMに合わせて\1.2.3.4.5.6 SixTONES!!!!!!/ J2が煽ってくれる。「EXまだまだ声出せんのか〜〜!!!!!!」は全力で叫んだ……。

EC SHOW&SHOW/SixTONES
メンステから登場かと思いきやのバクステから登場!3日朝公演はスノとワチャワチャしててかわいかった〜。北斗くんなべしょの前でまたシャカリキに踊って笑いあってて、そのあとなべしょの横で顔見合わせてたから何か喋ったのかな〜!すとちゃんみんなふざけまくっててきょもほく「情熱的に」「衝撃的に」をめっちゃ早口で言ったりとかクレイジーなハートがエタニティ京本さん野太い声でビブラートかけまくりで歌ってて千の風になってた(???) バルコニーでキャッチボールし合うJ2斬新すぎて笑ったし、笑顔で指差しながらしっかり髙地担にサインボール投げる髙地優吾さんリア恋すぎてしんどかったし、遠くめがけて投げるのかと思いきや腕の力が足りずに近くに落ちちゃうきょもちゃん相変わらずで可愛いし、スタンディングの戦争をわかっているのか2階指定席の人に手渡したり3階指定席に向かって投げたりした北斗くんは気遣いの塊すぎた。あと3日目朝公演のMCで話題に上ったジェシー担の男の子にボールを手渡ししたジェシーちゃん可愛すぎない?!?!実は公演後お昼ご飯を食べてたら隣にその男の子とお母さんがやって来て…!男の子、バックには(ジェシーちゃん演じる)バニボの太田くんのキーホルダーついてて、ずっとペンラ握りしめてた…;;;; 男の子のファンがいてジェシーちゃんも嬉しかっただろうし、男の子も憧れの人を前にして嬉しかっただろうし、この世界ハピネスフルだなぁとつくづく感じたよ…。

WEC 感謝の会
はけた後もなかなか鳴り止まないSixTONESコール。曲を用意してなかったのにSixTONESちゃんたちもう一回出て来てくれました。北斗くんアメイズィン衣装の上脱いでるver.で本当…本当ざいま〜〜す!って感じ…。「これ感謝の会だから!」って樹ちゃんが言ったのめっちゃ面白かったし素敵なことよね〜。最後はSixTONESとスト担(オンナ)仲良く\\ズドン!!!!!!// 最高でした。

ざっくりいくはずがいつも通りめっちゃ長くなった〜〜!!笑 EXという限られたスペース、そして時間でこれだけ完成度の高いステージを作れるSixTONESの才能に改めてひれ伏したし、何よりSixTONESってファンの欲しいもの全部くれるグループだなって感じました。濃すぎる公演だった…。毎公演予想を遥かに超えた最高のパフォーマンスをしてくるSixTONESに一生ついていきたいって改めて感じました。SixTONESすきです!スト担(オンナ)もすきです!!!SixTONESがもっともっと大きな会場でパフォーマンスを見せてくれる未来がやってきますように!!!!!!SixTONES、素敵な夏を….ざいま〜〜〜〜〜〜す!!!!!!

Jr祭りの感想まとめ【しんどい】

 

ま〜〜つりだまつりだまつりだ

ジュニアま〜つ〜り〜〜〜〜

 

というわけでお久しぶりです。横アリ時点ではお祭りの感想をまとめる予定はなかったのですが、たまアリ公演がとても心にしんどいをもたらしたのでまとめることにしました。まとめと言いましても上手くまとまるはずもなく、例のごとく文脈ぐちゃぐちゃの感情の羅列になると思いますがあしからず……ではさっそくいきまーす。(ノ≧∀)ノイェァ♪♪ズッドーーーン!!

 

1.  SixTONESがしんどい 

自軍がしんどい。これまでもすと担として生きてきましたけど最近のSixTONESは本当に違う。これは東西あたりから感じているんですが、彼らは6人でやっていくことに強い覚悟を持ったということがビシビシ伝わってくるようになったんです。彼らの立ち姿を見ると、なんかこう刺さってくるんです……彼らの覚悟が……。すと担は彼らの覚悟に串刺されて唐揚げ棒みたいになってると思うんです。もう何言ってるか自分でもわからない。

 

彼らの覚悟とかいう抽象的な言葉使いましたけど、まあ言っちゃえばアレです。‪Amazing!!!!!!‬の存在が大きい。‪恋愛ソングの「あなた」とか「君」とかのようなホワッと仮定された相手じゃなくて、Amazing!!!!!!‬の「お前ら」は完全に私たちSixTONES担を指してると思うんです。だからこう、グサッとくる。串に刺される。唐揚げ棒になる(?)

 

東西で聴いた時からゾクゾクしてたのですが、横アリ、たまアリと披露の場を重ねるごとに(他軍が多い現場というのもあるのかもしれない)歌詞が重みを持って、まさにズドンと心にのしかかってくるようになりました。名刺曲ってこの事を言うんだなあ……うまく言えないけど‪Amazing!!!!!!‬は本当に‪Amazing!!!!!!‬だし私たちを唐揚げ棒にする(本当にうまく言えてない)

 

あと初めてファンサたるものを間近で体験できる席にいたのですが、 SixTONESさんたちのファンサ、それぞれクセがあって面白かったです。北斗くんは狩るように、そして上から下まで均等にいくようなファンサ。狙った獲物は逃がさない北斗くん……狩人………。

 

ジェシーはすと担を発見するとズドン。ズドン。とにかくズドン。ズドンってわかりやすいファンサだしとても万能だと思いました。ズドン万能説。ゆごちゃんは満遍なく皆にニコニコ手を振る姿がとても印象的。さすが笑顔で世界を平和にする気概をもってるだけある。慎ちゃんの体全体を使ったダイナミックなお手振りも記憶に残ってます。男らしさが凄かった…

 

そして中でも驚いたのがきょもちゃんとじゅりちゃん。V6最年長世代♡♡♡の強火京本担である母と連番で入ったのですが、母は始まるまで「大我ちゃん近くに来てもオバサンにはファンサくれないかもしれない………」と言っておりました。しかし始まって近くに来てくれた時、バッチリうちわ指差して頷いてくれたのを私も目撃しました。エッ…大我ちゃんのファンサってこう言う感じなんだ!!!って凄い衝撃だった。それまであんまりファンサイメージがないきょもちゃんだったけど、今回入って認識が180度変わりました…。しかもそれが一回じゃなくて、近く来るたびに手振ったり指差したり頷いてくれたり。しかも確実にアナタダヨ!!って感じのやつなんです。あ、覚えててくれるんだ…って思いました。オバサンでも大切にしてくれる大我ちゃん軽率に推せる。これって当たり前のようで結構当たり前じゃなかったりすると思うんです….だから推せる……。

 

爆モテファンサと噂に聞くものの未だかつて経験した事のなかった樹ちゃんのファンサ、はじめて目の当たりにしました。前にいた子が樹担で、しっかり「じゅり」なうちわを持ってたんです。始まってから結構樹ちゃん目の前に来てくれることが多かったけれど一向にその子にファンサをしている気配がなくて「あれ??絶対見えてるのに…」と思っていたのですが、これが完全にやられた。終盤に差し掛かった時、こっちにわざわざ来てくれてその子の真ん前に立って「わかってる」って顔して頷いたんです……。わかってる…わかってる……。最初から気づいていたのに終盤でわかってる…しかもわざわざ遠くからこっちに来て、その子の前で……。究極の爆モテはやることが違う……。樹ちゃんのファンサって完全に二人の世界を作るんですね…。しかも私の周りは私含めSixTONES担がめちゃくちゃ固まっていたのですが、樹ちゃんが前の樹担ちゃんのためにこっちに来た時SixTONESの面々をみんな連れて来てくれたんです。あ、樹ちゃんここにすと担が固まってるのまでわかってたんだ……爆モテは気の使い方が尋常じゃない……と改めて衝撃を受けました。ちなみに私の母が「ゆごちゃんもこっちの方面を指差しながらSixTONESの誰かに耳打ちしてたよ」と言っていたのでゆごちゃんのおかげもあるのかも。SixTONESのリア恋2TOP(当社調べ)であるゆごじゅり恐ろし……。あな恐ろしや………。

 

2.  松村北斗くんがしんどい

 自担がしんどい。

これ私の祭り後のツイートなんですけどまさにこれなんです…。北斗くんは人間ではない。唯一絶対の神だ。 

 

北斗くんが醸し出す色気と美とかオーラとかその他諸々が後光に見えてきて眩しくて直視できなかった。自担が目の前に来たら「キャーーーーー♡♡」ってなるのかと思った(これまではそうだった)けど今回は違くて、呆然と立ち尽くしてしまった。たぶん北斗くん側から見たら「北」うちわ持ってるのにこの人固まってる……と唖然としたかもしれない。自担ロックオン型だと思ってたのに突然直視ができなくなった自分にびっくりした。特に‪Amazing!!!!!!‬の衣装を着ている北斗くんから出る色気が尋常じゃなくて、色気だけで殴り殺されそうだった……

 

もちろん北斗くんが実はバブくて懐くとめんどくさいタイプで(褒めてる)、趣味は読書に映画、料理もできて、私服はメンズファッジ寄りの古着大好きサブカル男子ということも承知している。お祭りでもちびジュの「3秒笑って」をはける前に目尻の下がった全力の笑顔で踊っていたし、EC後はける時に客席に向かって脇毛を投げていたし、おちゃめな一面もたくさん見た。その面を見ると「キャワイイ」と軽率に口走ってしまうのだけど、私が目の当たりにした北斗くんは完全に神様だった。これからは「応援してます♡」じゃなくて「崇拝してます♡」と言うことにしよう。北斗様の脇毛は神様の脇毛……量的にも価値的にも貴重なもの………ありがたく頂戴いたします………。

 

 3.  髙橋優斗くんがしんどい

 ゆうぴーしんどい。もともとゆうぴーは結構推していたのですが、お祭りで見たゆうぴーはとんでもなく白くてとんでもなく可愛かった。

ゆうぴーは白くって細くってまだローラースケートもちょっとヨタヨタしているところ(でもお祭りではすっごい上達したと思う)が頼りなさげで可愛い弟タイプだと思っていました。もちろんお祭りでもその母性本能くすぐる的な可愛さは健在で、見事に撃ち抜かれました。バーン。

でも、それだけじゃなかったんです。ゆうぴーがB少年の子たちに対してお兄さんなお顔をしている瞬間を私は見てしまった…。

具体的に言うとトラジャさんがシューテンナーイ⤴︎とかチャチャチャチャンピオン〜〜⤴︎している時に、ゆうぴーが浮所くんと目を合わせて何かを話し、微笑み合っているその瞬間を見てしまった。その後も那須くんの肩を後ろから叩いてやんちゃな先輩するゆうぴーとか、はける時に龍我ちゃんにマイクを渡して「がんばれ!」みたいなことを言ってるゆうぴーとか、なんかもうしんどいものを見た。このゆうぴーのお兄さんフェイスに一発でやられました。だって…!!永遠の弟キャラだと思ってたのに!!!しんどい!!!!!!!

ハイハイB少年という突然のコラボに最初は戸惑ったけど、ゆうぴーのお兄さんフェイスが見られる絶好の機会ということに気づいてしまったのでハイハイB少年応援します。ねえなんで私はハイハイB少年クリエのチケット持ってないんだろう。降ってこい。

 

4.  松井奏くんがしんどい

 松井きゅんしんどい。私の席がスーパー松井席だったんです。真ん前で踊ってくれてた時、そのあまりのお顔の可愛さについガン見をしてくれたら目を見て踊ってくれました。しかもすごく長い間…恥ずかしくなるくらい……。公演後、隣の母に「松井きゅんこっち見てた」と行ったら「私のことも見てたよ」と反撃されたのでたぶん彼はポスタータイプ(訳:どこにいても目が合ってると勘違いするキラキラおめめタイプ)なんだと思います。松井きゅんが近くに来たらみんな見てみて。絶対にそのキラキラおめめにやられるから。

あと去り際のファンサにやられました。母とは逆側の隣に「バーンして」うちわを持っていたジェシ担の方がいたんです。踊ってる時はお客さんの顔をバッチリ見ながらしっかり踊っているんですけど、その場をはける時にサラッとバーンしていきました……。そのまま私の心も撃ち抜かれました……。凄腕のスナイパーかな……….。

 

5.  浮所飛貴くんがしんどい

うきちょくんがしんどい。うきちょくんがしんどくなった決定的な瞬間があるんです、ちょっと聞いてください。曲のスタンバイ中、動いちゃいけない感じのところだったからなのか堂々と手を振れなかった浮所くんが、直立の状態で腕をピンと張ったまま下の方でチョコチョコッと手を振った瞬間を見てしまったんです……….。わかります????これ……伝われ……伝われ…………。まるで運動会で恥ずかしがりながらもママに手を振る時みたいな感じだったんです。 しんどくないですか????私はしんどい。

しかもうきちょくんはお顔が最強に綺麗。肌がツルツルのペカペカでしたたる汗が若さの象徴すぎた。なんだあれ。絶対学校でモテるやつやん……。うきちょくんから爆イケみをヒシヒシと感じた現場でありました。成長が楽しみ!!!

 

6.  その他のしんどい

ここからは私が目撃したしんどいをダイジェストでお届けします。

 

・うみんちゅ。ええじゃないかの時、ものすごい全力で髪振り乱しながら踊ってたのを美勇人さんにたしなめられたうみんちゅおこちゃまかよキャワワ。

・みやちかくん。綺麗に彫られた彫刻のようなお顔とワッチャネで起きた「宮近指輪事件」。

・はぎちゃん。むちゅこいの時にキラキラアイドルスマイルで踊っているはぎちゃんにむちゅうで恋しそうになった。そしてあの子が大学生かと思うとなんかもう居ても立っても居られない。つらい。

・安井きゅん「オーマイガッ」

・石田くん。アリーナDブロのファンサうちわ全て狩ってた。特にあっち向いてホイして照れてた石田くん目に焼き付いてるよ……。おたくは見てるよ………。

・和田くん。ほっそくってヒョロくって可愛くってすぐわかる。Jr祭り出のクラJ亡霊になった……。ゆうぴーに松井きゅんに和田くんというclassmate私選抜J……….。

・作間くん。今になって口パクの「だいすき」がどれほど尊いものだったのかがわかって心にグサグサきてる。5日以上経過してから発症してきた……潜伏期間長かった……。

 ・らぶとゅん。盛り上げ方が上手だった!特に安井きゅんとモロちゃん。らぶとゅん曲たのしかったなァ〜〜「らぶ!らぶ!らぶ!らぶ!」ってまたやりたいなァ〜〜

 

以上ですかね〜〜。結論はJr.祭りしんどい

 Jr.祭りのおかげでこれまで以上に北斗くん激重おたくになったと同時にDDが悪化するという矛盾した状態になってしまい日々胸が痛い。苦しい。しんどい。でも幸せ(これまた矛盾)

 

とにかくジャニーズJr.黄金期なんだなって実感した現場でした。みんな大好き!!(DD)北斗くんこの世界で一番大好き!!!!!!(激重モンペ)

 

p.s.  本日‪Amazing!!!!!!‬が世界に放映されましたけど皆さん見てください……私は北斗くんから北斗くんに19950618回担降りしました……。

 

 

 

東西SHOW合戦が素晴らしすぎるので勢いで書かせてください【後半戦】

※思うままに書いていたら死ぬほど長くなりました

※レポートだってこんな文字数書いたことないのに

※もし読んでくださるという心優しい方がいらっしゃるのであれば、ほんと適当に…適当にスクロールしてくださいよろしくお願いしますスミマセン………

 

さーて!コントあけの続きからいきます!!

後半戦よーい!ドングリ!

 

SixTONES「Jumpin‘UP」(KAT-TUN
「じゅり!じゅり!じゅりじゅりじゅりじゅり!!!!」これがやりたかった。念願のじゅりコール。はちゃめちゃに楽しかったのですが、コントのコスのまま歌うのが本当にオモチロイ…。北子ちゃんの格好でこんなカッコイイ曲歌うの?!?!このままなの?!?!?!大丈夫なの?!?!?!?!ってキョドった。そしてすとちゃんの眼鏡交換劇がスーパーキュートでした。ラップをしてる間にじゅりの瓶底眼鏡をとって自分のサングラスをかけてあげるジェシー。そしてそのあと北美ちゃんに近づき取り上げた瓶底眼鏡をかけてあげてた。眼鏡交換屋のジェシーさん今日もおつかれさまです。(?)瓶底眼鏡を装着した北美ちゃんは街一番の美女感をすっかりなくしていた…。でも眼鏡とれば綺麗なおねいさんだもんね。よくある少女漫画展開が期待できるね。そのあとじゅったんかな(?)誰かにサングラスをかけられていた北美ちゃんだったけど、その時はただのウェイなおねいさんでした。ワンピース脇のヒョウ柄とマッチしてたね。

 

 

関ジュ「Bring it on」(関西ジャニーズJr. 新曲)
かっこいい新曲!!!前記事でも書いたけど私大吾ちゃんの歌声メッチャ好きです。ここでも彼の歌声に聞き入ってしまった。あとりゅちぇは身体は小さいけど大きく踊るからすごく目をひく!!るたこじは揃っているし、関西もっと知りたい!って思えた曲。

 

 


SixTONES「シャレオツ」(SMAP
ハーイ!!!誰ですかこの曲を提案したのはー?!?!お金積ませてくださーい!!!(愛を叫べ、猫中毒に引き続き3回目) すとちゃんの持ち味である“振り幅の大きさ”がここでも発揮されたなあと感じました。たぶん皆さんのすとのイメージで一番強いバリバリにカッチョイイダンスナンバー(ビークレやインスト、Dモやシェケ)とも、歌を聴かせる心あったまる系ソング(この星、太陽のあたる場所)とも違う、こういう落ち着いたオシャレな曲も似合うんですねYOUたちは……。なんかこうジャズィーな曲もっとやってほしいななんて思ってしまった。大人の色気振りまいてほしい~。あとここでインストのデニム衣装持ってきたYOUたち天才ですか。おかげさまで北斗くんの二の腕が長時間拝めましたとさ。めでたしめでたし。

 

 


SixTONES「この星のHIKARI」(SixTONES
ジャージャージャン!ジャッジャッジャッジャッ!!って来た時の鳥肌の立ちようったらないよね。声にならない声で叫びました。そしてこの星でスタンドマイク用意したYOUたち天才ですか。シャレオツの立ち位置的に移動距離が長いゆごたんのスタンドマイクをそっと用意した北斗くん素敵でした。ゆごほく案件かよ。幸せかよ…。「誰かが君の前に~」のところで腕をブンッて振るのが大好物なんですが、北斗くんだけやってくれました。しかもノースリ衣装で…。ありがとうございます。ごちそうさまでした。スタンドマイクありでも「守り続けていくからね~」のところの腕を回す振りは皆やってくれたし、あの素敵な振り付けの良さをなくすことなくスタンドマイクという新しい試みもプラスされてて言うことないです。好きだ……。

 

 


SixTONES「Shake It Up」(Kis-My-Ft2
ア”ァ~~~~~~!!!!!哲也クン~~~~~!!!!!!(倒)喉が逝きました。北斗くんが哲也くんに見える…哲也くんに見えるよ………。重度の哲也くん拗らせ野郎なのでシェケを歌ってくれると大変に喜びます。むしろ泣きます。もうこの辺から嬉しすぎて記憶ない。残された覚え書きを頼りに感想を書きます……。覚え書きに「ンギャー!哲也くんご降臨 回顧厨の死」と書いてありました。頭がおかしくなってしまったみたいです。それくらい嬉しかった。インストの衣装で歌われると当時と現在とで記憶がぐるぐるして、「ああ北斗くん大人になったなあ…」と感慨深い気持ちになりますね…(※注 北斗くんと執筆者は同い年)

SixTONES「SIX SENSE」(KAT-TUN
ここからの怒涛のカツンメドレーが最高。覚え書きに「死(^O^)」と書いてあったので相当死んだのでしょう。京本担の母と見に行ったのですが、終演後「あの!!手を叩く曲!!!好きだからちょう嬉しかった!!!!」と興奮気味に伝えられました。名前は覚えられないようです。

 


SixTONES「Hell’No」(KAT-TUN)×「愛のコマンド」(KAT-TUN)リミックス
天才的リミックスでした。覚え書きには「リミックスかっこよすぎでりょ 人殺してた」とあります。誤字をするほど素晴らしいリミックスでした。そして……そうでした…北斗くんが人殺してたのここだ………。北斗くんって笑うと「たんぽぽ組のほくとくん(5)」になる時と「サイコ殺人鬼北斗」になる時の2パターンあると思いません????(突然)ここは完全に後者で、左の口角をニッてあげて狂ったように笑ってたんです…人殺して高笑いしてそうな北斗くんだった………がっごよがっだ………(崩壊)

 


SixTONES「BE CRAZY」(SixTONES
「シャレオツ」から徐々に徐々にテンションを加速させていってここでビークレ。なんとよくできたメドレーなのでしょう。すとはすと担の喜ばせ方を本当によく知ってると思う…さすがエゴサアイドル………(褒めてる)ジェシーの「Are You Crazy?」で沸くのちょう楽しい。すと担の息ピッタリで楽しい。ビークレと言えばのラインダンス……本物見ると毎回泣きそうになります。迫力がすごい、迫力がすごいんだよ…。危ない道選ぶ男松村北斗くんここでも最高にかっこよかったよ…やっぱりビークレ大好き芸人です。

 


バックJr.「Kis-My-Me-Mine」(Kis-My-Ft2
羽場ちゃんががんばっていた。羽場ちゃん応援してます。羽場ちゃんがすとのこと話してくれるのがすごく嬉しくて。この現場でも親交を深めてたらいいなあなんておせっかいなことまで考えてしまう今日この頃です。

 


バックJr.「Boys Don’t Stop」(Hey!Say!JUMP)
本髙くんとりんねちゃん。2人とも画面より舞台で見る方が華があってすきです。本髙くんのお顔のかっこよさと、りんねちゃんの踊りのしなやかさが特に印象的でした。

 

 

バックJr.「SuperSONIC」(NEWS)

視線泥棒タニムラばかり見てしまいました。谷村くんて脚長いよね…びっくり。最後にバックJr.みんなでワーッてでてくるとこなんか感動してしまった。

 

関ジュ「SAMURAI」(タッキー&翼

ハァア〜〜〜〜るたこじ和装ちょう似合う〜〜〜〜特に康二くんの細い身体と和装カンペキでした。大西畑は抹茶クリームあんみつ♡って感じだけどるたこじはみたらし団子って感じだからこの4人てバランスとれてていいよね!!!何が言いたいかっていうとお顔のバランスが薄すぎず濃すぎずでちょうどいいってことだね!この曲はるたこじが至高でした。

 

関ジュゲーム「ロシアンシュークリーム」

サムライとしてのやる気がなくなってしまったりゅちぇ、大吾、康二くんに室くんが試練を与える!という形で始まるゲーム。回替わりのようですが20日はロシアンシュークリームでした。ゲームやる前のやる気がなくなっちゃったりゅちぇ「たこ焼き食べた〜〜い(お腹を掻きながら)」がメチャメチャかわいかった。いくらでも食べさせてあげたい。あと康二くんのダジャレがキレキレすぎた…頭の回転はやいんだなあとしみじみ。 

りゅちぇはからしシュークリームリトライしたけど(康二くん「俺ら(りゅちぇに)甘いからな、シュークリームだけにね!!!」)無事3人とも普通のシュークリームを引き当てた。康二「(からしシュークリームが)ひとつあまってるよお??!!ひとつあまってるよお??!!」

そこで室くんと風磨ちんでロシアンシュークリーム対決をやることに!風磨ちんコントに引き続き2回目の登場。

シュークリームを用意している間、康二くんが一発芸をやることに。風磨ちんに刀を持たせ切られるという芸。二人とも楽しそうだった。終わった後もしばらく風磨ちんに刀を持たせていて風磨「俺いつまで(刀を)持ってればいいの」 康二「悪かったな〜〜!!」というやりとりが天才的に面白かった。康二くんのダジャレセンス好きすぎつらい。

見事(?!)風磨ちんがからしシュークリームを引き当て「かれえ!!!!かれえ!!!!」その時の康二くんの「辛がり方もかっこええのう」とボソッと言ったのが最高にツボだった。

大吾「ゲーム成功してハッピーやなあ」

りゅちぇ「風磨くんとコントできてラッキーやなあ」

康二「ハッピーラッキーやなあ」からの〜〜ハピラキ!!!!

 

関ジュ「Happy Happy Lucky You!」(関西ジャニーズJr.)

か〜〜わいいの渋滞。4人とも楽しそうなのが伝わってきた。みんなで踊ってこっちもハッピーラッキー!!!

 


関ジュ「2nd movement」(KinKi Kids
和装から一転。りゅちぇ「もうひとつやりたいことできた!…アイドル!!!」という言葉からはじまる。そうだYOUたちはアイドルだ(ウンウン)。ハピラキからのギャップがすごくて軽率に惚れそう。

京本・西畑「夜空ノムコウ」(SMAP
夜空ノムコウガチャ、20日は東西短髪コンビでした!!!大我ちゃん「ヘイヘイヘイ!今から俺がトークするんだYO!関西の中からひとり選んで一緒におトークするんだYO!それはもう楽しみでしょうがないぜ 俺の人生そんな人生」と突然謎ラップをしながら花道に登場。新曲の衣装なので頭巾(黒い布)の上からキャップを被っていました。康二くんの「大我ってあんなキャラやったっけ?」というツッコミがそれなすぎて何も言えねえ。東西の大我ちゃんはいい意味でぶっ飛んでて最高です。いいぞもっとやれ。誰を選ぼうかというくだりで大我ちゃん「じゃあ~~~リチャード!!」とリチャをご指名。室くん「おらへん!!!マラソンや!!!」というやりとり、会場がメチャメチャ沸きました。「じゃあ~~短髪つながりで西畑!」と大吾ちゅんご指名。短髪トークがはじまります。
「鏡を見て、ずっと長い髪の自分飽きたな…なんか髪を切ったら人生変わるかな、と思い立ったので自分で髪を切った」という大我ちゃんのエピソードいかにも闇属性ってかんじで好き。自分で髪をザクザクいった後に美容院でピンク色を入れてもらったそうです。「今まで15分くらい乾かしていたけど、頭振ったら10秒で乾く」とご満悦の大我ちゃん。「朝起きる時間を10分遅らせた」とニコニコしていた。よかったね大我ちゃん。

短髪もそうだけど演技仲間でもある大我ちゃんと大吾くん。大我ちゃん「短髪あるあるってある?」大吾くん「うーん、坊主の役がくる!一回短くしたら来ます」大我ちゃん「俺だと病気の役とか」大吾くん「色白いから?」大我ちゃん「車イス似合うってよく言われる!でもそんな役でもいいので!!」大我ちゃんってけっこう早口でしゃべるよね。この時も早口で、「いつもこんな風におしゃべりしているんだろうな」って大我ちゃんの素の部分が見れた気がして嬉しかったです。透き通るような美しい歌声に、ハリのある甘い歌声。大我ちゃんと大吾くんの異なる魅力を持つ歌声が織り成すハーモニーは聴いていて気持ちがよかった…もっと聴きたかった~~!!!!!

SixTONES「Amaging!!!!!!」(SixTONES 新曲)
アメーィジーーーーーーング!!!!!!あーもう!!!!あーーーーもう!!!!!!(狂)何から話せばいいかわからないんですがもう最高にアメーィジーングでした。ありがとう神様。ありがとうすとちゃん。
まず曲自体。最近すとちゃんの雑誌での対談やらを見て「この人たち、6人でやっていくことに腹を括ったんだなあ…」って感じることが何回もありました。彼らの言葉の端々から私がなんとなく感じていた”6人の決意”が完全に形になったもの、それがこの「Amaging!!!!!!」という曲だと思います。この曲を聴いて、見て、感じて、私も「この先なにが起ころうとずっとこの人たちについていく」と腹を括りました。そんな曲です。私が腹を括ったらあんな騒動やこんな騒動が起こりましたが(笑)、そんなの屁でもない、むしろ屁以下でした(なんか汚い)。SixTONESが歌う「俺らが守る」を聴いて、「SixTONESのことは私が守る」と強く強く思いました。負けてたまるか、私が守り抜いてやる!!!!(鬼の形相)。そして最後は心中ですよ…………(cv.松村)。
次に衣装。入る前にツイッターで「北斗くんの腕がT.M.Revolution」というレポを見て「んなわけあるかい」と思ったのですが本当に腕がT.M.Revolutionでした。レポくださった方ありがとう&疑ってごめんなさい。とはいえあのT.M.Revolution、北斗くんのムチムチなお腕殿の魅力が余すところなく発揮されてて神衣装でした。アシンメトリーで、北斗くんの左半身はフワフワの白ファーとかついちゃったりして王子様王子様しているんですが、右半身はT.M.Revolutionなお腕を中心にセクシーにまとめられてて一度に二度おいしい衣装でした。デザインされた方天才なのでは…???大我ちゃんの頭巾の上にキャップとか、ゆごたんのフワフワモコモコ衣装とか、黒でキラキラしているという統一感はあるもののそれぞれ個性が際立つ素敵なお衣装だと思います。はやく映像がほしい。少クラさんよろしくお願いしますね。
そして振り付け。「1.2.3.4.5.6.SixTONES!」というところのお手手の振り、あれ絶対コンサートとかでみんなでやって盛り上がるやつ。はやくやりたい。はやくやりたいからドームくれ。ドームコンじゃあ!!!!!!!!あと、最初座った状態で踊るんですけどあれなんですかカッコイイ…………しかも!!!!!!きょもほく!!!!!!!きょもほくがシンメなんすよ……………SixTONESのみなさん私を掌の上で転がしすぎ………いやいいんですけど…いいぞもっとやれなんですけど………。ちなみに
 しんたろ
じゅり ゆご
きょも ほく
 ジェシー
だったと思います。ありがとう世界。
とにもかくにもはやく他G担に自慢したいしはやくおうちで20150501回再生したいので少クラさんよろしくお願いしますね。あ、Mステさんでもけっこうですよ。

西畑・向井「青春アミーゴ」(修二と彰
「亀と山P」発表直後だったので震えた。携帯電話ではなく私が。

西畑・向井・京本・ジェシー「アンダルシアに憧れて」(近藤真彦
大我ちゃんの!!!大我ちゃんのお顔が綺麗で!!!!大我ちゃんのお顔が映える衣装だった…というかあの衣装でカッコイイと言わしめる大我ちゃん含め4人すばらしい。

大西・慎太郎・髙地「硝子の少年」(KinKi Kids
名曲続きで楽しい!!!!「青春アミーゴ」からどこか大人の雰囲気あるメドレーで素敵。
東西の末っ子とおじいちゃんゆご…爺孫……萌え………

北斗・樹・室「Real Face」(KAT-TUN
ッハーーーーーーーーー!!!!!!!!!!新橋演舞場で!!!!!!こんなことが!!!!!!!!起こってしまったよ!!!!!!!!!じゅったんがずっと封印してきたリアフェのラップ………リアフェは歌っても頑なにやらなかったラップ………………ついにじゅったんが「俺はJOKER」と言う時がきた………。ここでもSixTONES(というかじゅったん)の”決意”と”覚悟”を垣間見ました。歌ってくれて、ラップまでやってくれて、ありがとうという言葉しか出ません。じゅったんはJOKERだ…立派なJOKERだよ。そして誰ですか北斗くんに舌打ちをさせたのは!!!!!!かっこよすぎた…………かっこよすぎてヒェーーーーー!!!!!って鳴きました。3人で頭ぐるぐる振っているのもかっこよすぎて、なんかもうこんな世界が本当にあるのかと。まああるんですよね…新橋演舞場に…………ハア……………。

西畑・ジェシー「アイノビート」(Kis-My-Ft2
この二人の華のあることったらない。東西の華や…………。いろんなところが対照的だけど「華がある」というところがすごく共通してるな、とこの公演を見て思いました。

全員「絆」(亀梨和也
全員「Fight All Night」(KAT-TUN
怒涛の有名曲メドレーでゼェハァしてたらこれですよ…追い打ちかけてきた…。この辺で、終わりが近づいてきたことを察してものすごく寂しくなってしまうんです。もっとみたい、もっとみたいよあああーーーさみしいよお終わっちゃうのやだよおやだよおーーーーーって子供みたいに駄々を捏ねたくなるんです………。よく考えたら「絆」から「Fight All Night」って、東西SHOW合戦の終盤にふさわしい曲なんですよね。確実にこの公演で彼らは強い「絆」で結ばれたわけで。でもジャニーズJr.とはみんなライバルで、ずっとずっと戦っていかなければならない相手でもあるわけです。SixTONESと関ジュが互いに良き”戦友”でありつづけますようにとの願いも込められている気がして…この二曲を終盤にもってきた意味ってすごく大きいなと思います。実際この二曲を歌ってる時、みんないいお顔をしてる!お客さんへ手を振ったり、一生懸命歌ったり、オキニを追っかけ回したり(誰とは言っていない)、それぞれ自由だけどみんないいお顔をしてる。いかに素敵な公演であったかがよくわかる曲です。

全員「LOVE」
涙腺がね!!!!崩壊するよね!!!!!!!まず白スーツ爆イケですよね…Beautiful Worldすぎてなんも言えねえ………。そしてここできたか「LOVE」…………。今年の少年たちではゲネの時のみ披露で聴けなかったから聴ける日を本当に心待ちにしていました。10人で輪っかになって手を出す振りがさあ…もうさあ……涙腺崩壊ポイントすぎて(大号泣)。それこそ10人の「絆」が再確認できる素敵な歌です…。

EC
全員「SHOW&SHOW」(SixTONES×関西ジャニーズJr. 新曲)
この「SHOW&SHOW」がですね………序盤とラストの2回やるんですけどね……印象が違うというか二度おいしいんですよこれがまた……………。序盤はキラキラとしたアイドル感あふれる曲に聴こえて、ダンスとかフォーメーションとか(※きょもほく背中合わせ)に沸いたのですが、このECでは歌詞がグッと意味をもってくるんですわ……。
掴み取れNo.1!  世界変えるのは 俺たちなのさ
駆け上がれNo.1! 誰も止められない 迷わず前に 前に 前に進め
Jr.戦国時代と言われるこの時代で共に”頂点”を目指す東西Jr.10人が覚悟を決めて前に、前に進む………。10人が東西SHOW合戦という公演にこめた思いが詰まっているんだなって、最後に聴くことによって改めてわかるんです。この公演が本当によくできているのは、あらゆるジャンルのことに挑戦していて今までの「コンサート」とも「舞台」とも違う新しいステージを生み出しているけれど、そのテーマはブレることなく一貫している点だと思います。そのテーマこそがこの「SHOW&SHOW」にあらわれている各々の”覚悟”や”決意”だと思うんです。これからもこの10人にはよき”戦友”で有り続けてもらいたい。いつかまたこの10人で「あの時は」と笑顔で語れる未来を心待ちにしたいなと思います。

長すぎて最後まで読みきれねえよ!!!!!と怒りの鉄拳が飛んできそうですが(笑)、いかがでしたでしょうか???完全に私信になってしまった今回のブログですが、SixTONESと関西ジャニーズJr.のみんながもっともっと成長して、この公演を「あの頃」として語れるようになった時に少しでも思い出すきっかけとなれたらいいなと思います。今まで入ったSixTONESのどの公演もいつも楽しませてもらっていたけど、今回は本当の本当の本当の本当に楽しくて、充実していて、終わった瞬間に「記憶をなくしたくない」と思ったのでここまで書きました。素敵なSHOWを見せてくれたSixTONES、関西ジャニーズJr.のみんな。そして企画・開催してくださった松竹のみなさん本当にありがとうございました!!!10人は千秋楽までひたむきに突っ走ってくだされ!!!それでは、ズドン!!!!!