読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほくほく備忘録

だて巻き殿下なあの人がすき

Jr祭りの感想まとめ【しんどい】

 

ま〜〜つりだまつりだまつりだ

ジュニアま〜つ〜り〜〜〜〜

 

というわけでお久しぶりです。横アリ時点ではお祭りの感想をまとめる予定はなかったのですが、たまアリ公演がとても心にしんどいをもたらしたのでまとめることにしました。まとめと言いましても上手くまとまるはずもなく、例のごとく文脈ぐちゃぐちゃの感情の羅列になると思いますがあしからず……ではさっそくいきまーす。(ノ≧∀)ノイェァ♪♪ズッドーーーン!!

 

1.  SixTONESがしんどい 

自軍がしんどい。これまでもすと担として生きてきましたけど最近のSixTONESは本当に違う。これは東西あたりから感じているんですが、彼らは6人でやっていくことに強い覚悟を持ったということがビシビシ伝わってくるようになったんです。彼らの立ち姿を見ると、なんかこう刺さってくるんです……彼らの覚悟が……。すと担は彼らの覚悟に串刺されて唐揚げ棒みたいになってると思うんです。もう何言ってるか自分でもわからない。

 

彼らの覚悟とかいう抽象的な言葉使いましたけど、まあ言っちゃえばアレです。‪Amazing!!!!!!‬の存在が大きい。‪恋愛ソングの「あなた」とか「君」とかのようなホワッと仮定された相手じゃなくて、Amazing!!!!!!‬の「お前ら」は完全に私たちSixTONES担を指してると思うんです。だからこう、グサッとくる。串に刺される。唐揚げ棒になる(?)

 

東西で聴いた時からゾクゾクしてたのですが、横アリ、たまアリと披露の場を重ねるごとに(他軍が多い現場というのもあるのかもしれない)歌詞が重みを持って、まさにズドンと心にのしかかってくるようになりました。名刺曲ってこの事を言うんだなあ……うまく言えないけど‪Amazing!!!!!!‬は本当に‪Amazing!!!!!!‬だし私たちを唐揚げ棒にする(本当にうまく言えてない)

 

あと初めてファンサたるものを間近で体験できる席にいたのですが、 SixTONESさんたちのファンサ、それぞれクセがあって面白かったです。北斗くんは狩るように、そして上から下まで均等にいくようなファンサ。狙った獲物は逃がさない北斗くん……狩人………。

 

ジェシーはすと担を発見するとズドン。ズドン。とにかくズドン。ズドンってわかりやすいファンサだしとても万能だと思いました。ズドン万能説。ゆごちゃんは満遍なく皆にニコニコ手を振る姿がとても印象的。さすが笑顔で世界を平和にする気概をもってるだけある。慎ちゃんの体全体を使ったダイナミックなお手振りも記憶に残ってます。男らしさが凄かった…

 

そして中でも驚いたのがきょもちゃんとじゅりちゃん。V6最年長世代♡♡♡の強火京本担である母と連番で入ったのですが、母は始まるまで「大我ちゃん近くに来てもオバサンにはファンサくれないかもしれない………」と言っておりました。しかし始まって近くに来てくれた時、バッチリうちわ指差して頷いてくれたのを私も目撃しました。エッ…大我ちゃんのファンサってこう言う感じなんだ!!!って凄い衝撃だった。それまであんまりファンサイメージがないきょもちゃんだったけど、今回入って認識が180度変わりました…。しかもそれが一回じゃなくて、近く来るたびに手振ったり指差したり頷いてくれたり。しかも確実にアナタダヨ!!って感じのやつなんです。あ、覚えててくれるんだ…って思いました。オバサンでも大切にしてくれる大我ちゃん軽率に推せる。これって当たり前のようで結構当たり前じゃなかったりすると思うんです….だから推せる……。

 

爆モテファンサと噂に聞くものの未だかつて経験した事のなかった樹ちゃんのファンサ、はじめて目の当たりにしました。前にいた子が樹担で、しっかり「じゅり」なうちわを持ってたんです。始まってから結構樹ちゃん目の前に来てくれることが多かったけれど一向にその子にファンサをしている気配がなくて「あれ??絶対見えてるのに…」と思っていたのですが、これが完全にやられた。終盤に差し掛かった時、こっちにわざわざ来てくれてその子の真ん前に立って「わかってる」って顔して頷いたんです……。わかってる…わかってる……。最初から気づいていたのに終盤でわかってる…しかもわざわざ遠くからこっちに来て、その子の前で……。究極の爆モテはやることが違う……。樹ちゃんのファンサって完全に二人の世界を作るんですね…。しかも私の周りは私含めSixTONES担がめちゃくちゃ固まっていたのですが、樹ちゃんが前の樹担ちゃんのためにこっちに来た時SixTONESの面々をみんな連れて来てくれたんです。あ、樹ちゃんここにすと担が固まってるのまでわかってたんだ……爆モテは気の使い方が尋常じゃない……と改めて衝撃を受けました。ちなみに私の母が「ゆごちゃんもこっちの方面を指差しながらSixTONESの誰かに耳打ちしてたよ」と言っていたのでゆごちゃんのおかげもあるのかも。SixTONESのリア恋2TOP(当社調べ)であるゆごじゅり恐ろし……。あな恐ろしや………。

 

2.  松村北斗くんがしんどい

 自担がしんどい。

これ私の祭り後のツイートなんですけどまさにこれなんです…。北斗くんは人間ではない。唯一絶対の神だ。 

 

北斗くんが醸し出す色気と美とかオーラとかその他諸々が後光に見えてきて眩しくて直視できなかった。自担が目の前に来たら「キャーーーーー♡♡」ってなるのかと思った(これまではそうだった)けど今回は違くて、呆然と立ち尽くしてしまった。たぶん北斗くん側から見たら「北」うちわ持ってるのにこの人固まってる……と唖然としたかもしれない。自担ロックオン型だと思ってたのに突然直視ができなくなった自分にびっくりした。特に‪Amazing!!!!!!‬の衣装を着ている北斗くんから出る色気が尋常じゃなくて、色気だけで殴り殺されそうだった……

 

もちろん北斗くんが実はバブくて懐くとめんどくさいタイプで(褒めてる)、趣味は読書に映画、料理もできて、私服はメンズファッジ寄りの古着大好きサブカル男子ということも承知している。お祭りでもちびジュの「3秒笑って」をはける前に目尻の下がった全力の笑顔で踊っていたし、EC後はける時に客席に向かって脇毛を投げていたし、おちゃめな一面もたくさん見た。その面を見ると「キャワイイ」と軽率に口走ってしまうのだけど、私が目の当たりにした北斗くんは完全に神様だった。これからは「応援してます♡」じゃなくて「崇拝してます♡」と言うことにしよう。北斗様の脇毛は神様の脇毛……量的にも価値的にも貴重なもの………ありがたく頂戴いたします………。

 

 3.  髙橋優斗くんがしんどい

 ゆうぴーしんどい。もともとゆうぴーは結構推していたのですが、お祭りで見たゆうぴーはとんでもなく白くてとんでもなく可愛かった。

ゆうぴーは白くって細くってまだローラースケートもちょっとヨタヨタしているところ(でもお祭りではすっごい上達したと思う)が頼りなさげで可愛い弟タイプだと思っていました。もちろんお祭りでもその母性本能くすぐる的な可愛さは健在で、見事に撃ち抜かれました。バーン。

でも、それだけじゃなかったんです。ゆうぴーがB少年の子たちに対してお兄さんなお顔をしている瞬間を私は見てしまった…。

具体的に言うとトラジャさんがシューテンナーイ⤴︎とかチャチャチャチャンピオン〜〜⤴︎している時に、ゆうぴーが浮所くんと目を合わせて何かを話し、微笑み合っているその瞬間を見てしまった。その後も那須くんの肩を後ろから叩いてやんちゃな先輩するゆうぴーとか、はける時に龍我ちゃんにマイクを渡して「がんばれ!」みたいなことを言ってるゆうぴーとか、なんかもうしんどいものを見た。このゆうぴーのお兄さんフェイスに一発でやられました。だって…!!永遠の弟キャラだと思ってたのに!!!しんどい!!!!!!!

ハイハイB少年という突然のコラボに最初は戸惑ったけど、ゆうぴーのお兄さんフェイスが見られる絶好の機会ということに気づいてしまったのでハイハイB少年応援します。ねえなんで私はハイハイB少年クリエのチケット持ってないんだろう。降ってこい。

 

4.  松井奏くんがしんどい

 松井きゅんしんどい。私の席がスーパー松井席だったんです。真ん前で踊ってくれてた時、そのあまりのお顔の可愛さについガン見をしてくれたら目を見て踊ってくれました。しかもすごく長い間…恥ずかしくなるくらい……。公演後、隣の母に「松井きゅんこっち見てた」と行ったら「私のことも見てたよ」と反撃されたのでたぶん彼はポスタータイプ(訳:どこにいても目が合ってると勘違いするキラキラおめめタイプ)なんだと思います。松井きゅんが近くに来たらみんな見てみて。絶対にそのキラキラおめめにやられるから。

あと去り際のファンサにやられました。母とは逆側の隣に「バーンして」うちわを持っていたジェシ担の方がいたんです。踊ってる時はお客さんの顔をバッチリ見ながらしっかり踊っているんですけど、その場をはける時にサラッとバーンしていきました……。そのまま私の心も撃ち抜かれました……。凄腕のスナイパーかな……….。

 

5.  浮所飛貴くんがしんどい

うきちょくんがしんどい。うきちょくんがしんどくなった決定的な瞬間があるんです、ちょっと聞いてください。曲のスタンバイ中、動いちゃいけない感じのところだったからなのか堂々と手を振れなかった浮所くんが、直立の状態で腕をピンと張ったまま下の方でチョコチョコッと手を振った瞬間を見てしまったんです……….。わかります????これ……伝われ……伝われ…………。まるで運動会で恥ずかしがりながらもママに手を振る時みたいな感じだったんです。 しんどくないですか????私はしんどい。

しかもうきちょくんはお顔が最強に綺麗。肌がツルツルのペカペカでしたたる汗が若さの象徴すぎた。なんだあれ。絶対学校でモテるやつやん……。うきちょくんから爆イケみをヒシヒシと感じた現場でありました。成長が楽しみ!!!

 

6.  その他のしんどい

ここからは私が目撃したしんどいをダイジェストでお届けします。

 

・うみんちゅ。ええじゃないかの時、ものすごい全力で髪振り乱しながら踊ってたのを美勇人さんにたしなめられたうみんちゅおこちゃまかよキャワワ。

・みやちかくん。綺麗に彫られた彫刻のようなお顔とワッチャネで起きた「宮近指輪事件」。

・はぎちゃん。むちゅこいの時にキラキラアイドルスマイルで踊っているはぎちゃんにむちゅうで恋しそうになった。そしてあの子が大学生かと思うとなんかもう居ても立っても居られない。つらい。

・安井きゅん「オーマイガッ」

・石田くん。アリーナDブロのファンサうちわ全て狩ってた。特にあっち向いてホイして照れてた石田くん目に焼き付いてるよ……。おたくは見てるよ………。

・和田くん。ほっそくってヒョロくって可愛くってすぐわかる。Jr祭り出のクラJ亡霊になった……。ゆうぴーに松井きゅんに和田くんというclassmate私選抜J……….。

・作間くん。今になって口パクの「だいすき」がどれほど尊いものだったのかがわかって心にグサグサきてる。5日以上経過してから発症してきた……潜伏期間長かった……。

 ・らぶとゅん。盛り上げ方が上手だった!特に安井きゅんとモロちゃん。らぶとゅん曲たのしかったなァ〜〜「らぶ!らぶ!らぶ!らぶ!」ってまたやりたいなァ〜〜

 

以上ですかね〜〜。結論はJr.祭りしんどい

 Jr.祭りのおかげでこれまで以上に北斗くん激重おたくになったと同時にDDが悪化するという矛盾した状態になってしまい日々胸が痛い。苦しい。しんどい。でも幸せ(これまた矛盾)

 

とにかくジャニーズJr.黄金期なんだなって実感した現場でした。みんな大好き!!(DD)北斗くんこの世界で一番大好き!!!!!!(激重モンペ)

 

p.s.  本日‪Amazing!!!!!!‬が世界に放映されましたけど皆さん見てください……私は北斗くんから北斗くんに19950618回担降りしました……。